ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 山田太郎ものがたり 初回の感想は・・ | main | 求婚事務所3章 第4〜6話 >>
東方茱麗葉〜東京ジュリエット 第10話
★★★★★★★★☆☆ ※中国語字幕で一度視聴済です。

光希の登場で、亮はかなり動揺していますね。その前までは、みのりの方が高岡いずみのことでおもしろくない気分だったのですが。
光希とみのりの初対面はよくなかったですが、みのりが亮につくっていった夜食がムダになり、偶然、お腹を空かせていた光希がそれを食べることになりました。
光希は大喜びで、本当においしそうに食べます。ふだんロケ弁ばかりみたいで、手作りの弁当というのも嬉しいみたい。そんな無邪気な光希を見て、かわいいとみのりも思ったでしょうね、恋愛感情とかではなくて弟みたいな感じ?

雛形は、亮が日洋紡のデザイナーとして高岡いずみに引っ張られたこと、自分が契約を切られたことを黙っているはずがあるわけがなくて、何か作戦を考えている様子。
みのりを雛形ブランドの専属デザイナーとしてひっぱろうとしますが、みのりは雛形には何か裏があると思い断ります。

雛形は、日洋紡と契約前だったモデルの光希を雛形ブランドに入れようとし、光希は条件として自分の専属スタイリスト?にみのりをつけてくれるならと言います。
みのりを利用しようとしていた雛形にとっては一石二鳥で、光希を通じてみのりを誘います。
最初は受ける気がなかったみのりですが、このまま何もしないでいるよりは何かやった方がいいと思い始め、エリオの利用すればいいという言葉もあって、決心したみたい。

亮は、みのりが雛形ブランドに入るということは日洋紡にいる自分とは敵対する関係になるわけで、それに雛形の本心がわからないから心配というのもあって、雛形ブランドに入ろうとするみのりに腹を立てているようでしたが・・。でも、みのりの気持ちは尊重したいと思ってくれるんでしょうね。亮はただ心配なだけなんですよね、みのりがこれ以上、雛形のことで傷つかないで欲しいんだと思います。
みのりは後先を考えずつっこんでいくところがあるから、ちょっと心配ですし。

そんな量でしたが、光希がみのりつきまとう姿を見て、なんだかスッキリしないようです。みのりの表情が嬉しそうに見えるからかな、そういうのとは違うと思うけど、なんだかおもしろくなさそうな亮でした〜。
|     東方茱麗葉〜東京ジュリエット | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 11:42 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック