ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 読んだ本 1冊 | main | 私の名前はキムサムスン(再) 第12話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
花ざかりの君たちへ 第1話
「花様少年少女」ファンのみなさんから見て、昨夜の日本版はどうだったでしょう? 
台湾ドラマを先に見ているから、佐野は呉尊! 中津はジロー! という感じで頭の中で固定されてしまっていて、誰がやっても合わなく感じてしまいます。それ以上に原作マンガの佐野がとてもかっこいいんですよねラブラブ
「流星花園」のときは、初めて見た台湾ドラマで印象深く、原作マンガを読んでいないので、台湾のF4以外、考えられませんでした。
ですが、今回はドラマの「花様少年少女」とマンガのイラストの佐野達の2パターン、イメージがあり、一つだけじゃなかったので、日本のドラマもまた違うものとして見てみました。

佐野役の小栗くん、嫌いじゃないけど、好みの顔ではないという、ただそれだけです・・。小栗くんよりは、中津役の生田くんの方が好きです。

いろいろ出てきた中で、彼がいいかな、と少し気になったのが、関目役の男の子。彼はいったい誰だろう?と調べたら、岡田将生くんという名前でした。あと、萱島役の子もけっこういいかな?と調べてみたら、山本裕典くんという名前でした。
最近の人が全然わからないので、いったいどういう男の子達なのか全然知りませんが・・。

ところで、南寮長、台湾ドラマも原作マンガもかっこよかったのに、昨夜のドラマを見た限りでは、笑えますよね。顔が・・ということではなく、役柄としてです。上半身裸のシーン、痩せすぎです! マラソンで女の子達に捕まる姿も、プレイボーイというよりマヌケな感じで笑えました。

結局、最後まで見てしまい、けっこう楽しんでいたりして・・。録画してまでは見ないと思いますが、時間のある日は見ると思います。レビューは書きませんが、たまに感想くらいは書くかも。
|   花ざかりの君たちへ(2007) | 12:13 | comments(2) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 12:13 | - | - | このページのトップへ
かおさん、こんにちは。

呉尊には誰もかないませんね! 呉尊、すごくぴったりでしたよね〜。

生田斗馬クンが関西弁を話さなかったのは、私も正解だと思います。その方が自然でしたよね、たぶん。

>イケメンパラダイスと副題をつけただけあって、
>ヒーロー祭り(元仮面ライダー系)で、
>外野は見てて楽しかったです

そうそう、仮面ライダーカブト?だったかな。テレビガイドに、プロデューサーの言葉だったかな、生徒役にイケメンを集めたので期待してください、と書いてありました。

好みもあるので、人によって感想はいろいろだと思いますが、昨夜から始まった「山田太郎ものがたり」に比べ、確かに花きみの方がかっこいい生徒が多かったですね。
| kazune@管理人 | 2007/07/07 11:47 AM |
いつも楽しく拝見しています。

私は、小栗旬クンも嫌いじゃないけど、やはり呉尊かな。
生田斗馬クンが関西弁を話さなかったのは正解だと思いますがいかがですか?
原作と色が違うのは、松潤の花男で、慣れたのか気軽に見ていました。
台湾より、イケメンパラダイスと副題をつけただけあって、ヒーロー祭り(元仮面ライダー系)で、外野は見てて楽しかったです。
でも、佐野君は。。。とやはり思ってしまうのは、呉尊ファンだからでしょうか。。。
私も何やかや言いながらも、見るのかな。。。

たまの感想楽しみにしています。
| かお | 2007/07/07 12:55 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック