ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< プラハの恋人 全18話 | main | 轉角*遇到愛 中断中 >>
東方茱麗葉〜東京ジュリエット 第9話
★★★★★★★★☆☆ ※中国語字幕で一度視聴済です。

二人が仲直りしたかと思えば、また新たな問題人物が・・。日洋紡の社長令嬢・高岡泉がからんで、いろいろもめそうです。雛形もそれを利用しそうだし。

みのりたちは企業研修のため繊維メーカーの大手である日洋紡を訪問、文化祭のファッションショーの時から亮に注目していた日洋紡の社長令嬢・高岡泉は積極的に亮に近づきます。みのりは高岡泉を見たときから、彼女がきれいなので心配していたんだけど、予感は的中。

日洋紡は、長年、雛形と提携していたのですが、亮を使いたいということで、高岡泉は雛形との契約をいきなりやめるんですね。雛形は驚くどころか、代わりが亮ということで、それを利用しようとしているような感じの表情でした。

泉は亮だけを望んでいましたが、亮は司や功も一緒なら引き受けると言います。そのための条件のようなものを高岡泉も出したような感じでしたが・・サイトあらすじでは自分と寝れば・・と書いてあったけど、そんなにハッキリ言ったかな、忘れてしまいました・・。

一方、みのりは図書室でエリオと資料を探していたところ、アクシデントで閉じ込められてしまいます。亮の携帯に電話するみのり・・。途中で電源が切れてしまい。。。エリオと二人きりで、しかも横でエリオが変なことを言うもんだから、電話の伝言を聞いた亮は不安に感じ、急いで図書館へ。亮がドアに体当たりしてドアを開け、二人のもとへ。
エリオに怒る亮ですが、エリオがイタリアへ帰ると聞き、気持ちを落ち着け、3人で外で乾杯していました。

そして・・。高岡泉と亮、雛形の問題も次回に続きますが、モデル?のみつきも出てきましたね。最初の出会いはあまりよくなかったですが。みつきはわがままで、嫌な服を出されて機嫌を壊し、服を投げ捨てるのですが、そこにいたみのりが怒るんです。服を拾うようにいうみのりにみつきはさらに不機嫌になり・・。
今後も何かとお互い嫉妬することが増える二人なのでした〜。
|     東方茱麗葉〜東京ジュリエット | 11:27 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 11:27 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック