ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 東方茱麗葉〜東京ジュリエット 第7話 | main | 求婚事務所3章 第1〜3話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
轉角*遇到愛 第1〜3話
★★★★★★★★☆☆ ※中国語字幕DVDで視聴中。

見たかったこのドラマ。ショウ・ルオは、トーク番組しか見たことなかったので(歌っているMVは見たことありますが)、新鮮な感じです。バービィもつくしとは全然違う雰囲気で、こんな雰囲気もかわいいですね。

プロデューサー:アンジー・チャイ(柴智屏)。
主演:バービィー・スー(徐煕媛)、ショウ・ルオ(羅志祥)

アジアで活躍中の日本人俳優・藤岡竜雄もピアニスト役で出演しているそうで楽しみです。ちょうどC-POPで彼を見たところで気になっていたんですよね。

オープニング曲「愛的勇気」はメーガン・ライ、エンディング曲 「愛.転角」→ショウ・ルオと、曲もいいですね〜。

上海のお嬢さまだった兪心蕾(バービィー・スー)は8か国の言語を熟知する上、ピアノが上手。恋人の尹尚東(チェン・チーカイ)にプロポーズされ、彼女は自分が世界で一番幸せな女性だと思い幸せいっぱいで嬉しいばかり。

一方、台湾の画家である秦朗(ショウ・ルオ)は画集出版のために上海にやってきたのですが、騙されお金を失ってしまいます。台湾に帰る旅費を稼ぐために軽食店で働いている秦朗は、ある交差点での交通事故で兪心蕾とお互いを知る関係になります。

心蕾は尹尚東や両親、その他のお客に自分の手料理を出すと言ったようで、でも自分でできそうにないため、秦朗に頼んで代わりに作ってもらったり、何かと関わるようになります。お互いというより、秦朗が心蕾を何かと助けている感じですが。
秦朗は心蕾のこと、早々と気になってきているようでしたし。

そんなある日、兪家は破産! つまり、心蕾はお嬢様ではなくなってしまいます。
心蕾を想う尹尚東でしたが、両親に反対され、結局は心蕾をあきらめてしまったというか(気持ちは残っているんだけど)、婚約を解消します。

心蕾は、家の破産と(両親は夜逃げみたいな感じ?)婚約解消されたショックで傷つきます。婚約を解消しただけでなく、尹尚東は早くも結婚相手が決まり(両親がすすめたんだろうけど)、記者会見してるし。
心蕾は気持ちをふっきるためだったのかな、その披露パーティに秦朗に運転手をしてもらい、他の知人(彼は有名人ってこと?)にエスコートを頼んでお祝いの言葉をかけます。動揺したのは尹尚東でしたね、未練たっぷりな彼なので。尹尚東は心蕾を追いかけるのですが、心蕾は秦朗が運転してきた車に乗って去っていくのでした。
車の中で泣く心蕾を見て、秦朗は、まだ尹尚東のことを想っている心蕾を切ない目で見ていました。

あとで尹尚東の両親に責められたんだったかな、心蕾はすっかり酔ってしまって・・。そんな彼女を家まで送る秦朗。車の中で寝てしまっている心蕾を見ながら、手で触れてしまいたくなる秦朗でしたが、グッと我慢していましたね。

秦朗は台湾に帰るお金ができたということかな、翌日?には台湾に帰る予定だったようで、飲食店のみんなに送別会をしてもらっていました。

空港へ向かう秦朗、その頃、心蕾は前日のお礼?断り?を言おうと思ったのか、秦朗に会いに行くのですが店は休みになっていて・・。
空港へ向かう車と歩く彼女がすれ違うのですが、気づかず。結局、秦朗は飛行機に乗って台湾に戻ってしまいましたね。

近々、心蕾も台湾に帰るのですが、自分の別荘に行くとそこには秦朗が住んでいた、ということになるようです。自分の別荘だと証明できないため、心蕾は居候のような形で泊めてもらうことになるとか・・。
このドラマ、韓国ドラマ「フルハウス」の台湾版ということですが、確かに別荘のことや今後の予想される展開を思うと、似ている感じがしますね。「微笑PASTA」よりも(このドラマ、ストーリーは「フルハウス」と全然違った)、このドラマの方が「フルハウス」に近いかもしれませんね。まだわかりませんが・・。
|     ホントの恋の見つけ方、星が輝く夜に | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 20:02 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック