【お知らせ】2017年2月、このブログを終了します。今後は、日々のできごとなどを書いている別ブログ「優しい時間(http://ameblo.jp/ksroom)でドラマの感想を書いていこうと思いますので、よろしければそちらをご覧くださいね(^^)
-----------------------------------------
韓国ドラマ、台湾ドラマの感想を書いています。感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性があるため、まったく参考にならないと思います。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆
<< 冗談じゃない 第8話 | main | ローファーム 全16話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
薔薇之恋 第41話(最終回)
★★★★★★★★★☆

ゆりとスミレの結婚式抱擁、感動しました〜ポロリ
ゆりのドレス姿、すごくきれいでしたねぴかぴか 

入院中のお母さん、看護師にわがままいいまくりで、あんな患者、嫌でしょうね。
そんなお母さんですが、病院に来た芙蓉にゆりとスミレの結婚を許すと話します。その条件として、私のドレスを着ること・・というのですが、それは牧野一郎との結婚のためにつくったウェディングドレスで、そのドレスのサイズ直しをせずに着ることが結婚の条件だと言います。

家に帰ってゆりに伝える芙蓉ですが、問題はそのドレス。なんとウエストが58cmしかないんです〜。ゆりのウエストを葵が測ると70cm、これは絶対に無理だという葵。確かに現実的に考えて、無理ですよね、58cmなんて普通サイズでもなく、痩せている人じゃないと…。葵は戸籍さえ直せれば、後はどうにでもなると言うのですが、でもせっかくのお母さんの思い入れのあるドレスなので、着たいと思うゆり。

ゆりが頑張ってみるというので(まだ式の日取りも決まってないので時間もあることだし)、葵がゆりのダイエット担当になり、頑張るのですが、でもドレスに合うウエストにはなれないまま1か月が過ぎてしまいます。

葵もゆりもここまでしたのに・・とがっくりきていて、ゆり、もうあきらめてしまいたいような弱気な気持ちになります。でも、夢でセリがドレスを着ている姿を見て、セリも着たかっただろうドレスを自分が着れることを感謝しないといけない気持ちになったようで、やはりがんばろう!って思うんです。
そして、母に頼んで専属のトレーナーをつけてもらい・・。葵やスミレにも合わずに、がんばるゆりです。スミレや葵、ゆりが何をしているかと思うと、とっても心配なようですが。

そして当日になります。準備のできたゆりに会いに部屋に入った葵は、思わず言葉をなくしてしまいます。ゆり、本当にきれいだったんです。今までだってかわいかったけど、ドレス姿は格別でした。葵は本当にゆりかどうかを確かめると抱きしめ、なんだかいろいろ感じるものがあるようで。その手を話したくないような気持ちになったような・・。

そして、式場で記者会見をしている母のしょう子、そこには葵もいて、葵くんもかっこいいですね〜!! そこにゆりが到着、ゆりの姿に母も嬉しそうです。

そして、式が始まります。あのちっちゃい子ども達、かわいかったですね〜。
スミレが中でまち、葵がゆりの手をひいて入場します。そして、スミレにゆりを渡すとき、葵はスミレに一生ゆりの側にいるように、自分の分までゆりを愛してくれと言います。葵、辛そうでしたね。二人の結婚式は嬉しいけど、ゆりをこれで完全にあきらめなくてはいけないようなそんな気持ちかな。

結婚式の言葉などは省略して、キスシーンだけなのですが、花びらがまったり、二人が本当にステキで、みているだけで感動しそうなほどでした。
そんな二人を見つめるみんなも嬉しそうで、でも葵は涙が出てきたのかな、母のしょう子がそんな葵をなぐさめるようなしぐさもあり。

芙蓉は側にいた猫吉に、私たちの結婚式はどんな感じになるのかなと話しかけるあたりもよかったです。

最終回、本当によかったですね。これで終わりだと思うとさびしいです・・。
葵くん、やっぱり好きだな、いたkissの直樹もいいけど、葵くんも負けないくらい好きです♪
|     晴れのち女神が微笑んで、薔薇之恋 | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 22:36 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック