ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 韓国映画「僕の彼女を知らないとスパイ」 (Yahoo!動画) | main | 薔薇之恋 第40話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
熱情仲夏〜ぴー夏がいっぱい 第11,12話(最終回)
★★★★★★★★☆☆
※中国語字幕で視聴。中国語はわかりませんが原作マンガを持っています。


11話が一番いいかな〜。累の告白シーンがありますポッ
累は夏芽にひどいこといって気まずくなっていたのですが、クリスマスの日、夏芽の方がやっぱりひとこと「メリークリスマス」と累に言いたいと気持ちをあらため、累に会いに行きます。あれ?累が夏芽のとこに来たんだったかな?
マンガでは、累に会おうと夏芽が走っていて、累も夏芽に謝ろうと思って歩いているところで、道でばったり出会うのですが、ドラマは違っていた気がします。どっちかがどっちかの家まで?家の近くまで行ったような・・。

累に怒っていたことなど忘れたかのような夏芽に累は何でそんなにすぐに許せるのか聞くのですが、夏芽はそれは累が好きだから・・と答えます。累は自分だってそうだけどと(・・とドラマで言ったかどうかは不明ですが、マンガでは)。
そして、累は夏芽に気持ちを伝え、キスをするのでした〜。夏芽、うれしかったでしょうね〜。やっと!という感じです。

桂龍士のファッションショーに夏芽もモデルとして出ることになり、最後はそれがメインです。累は夏芽が出ることに大反対だったのですが(みんなの前で着替えなくちゃいけないとか不安がいっぱいの累)、夏芽は反対されるとやりたくなるのかひきうけちゃって。

だけど、いざ歩く練習を始めると、体に力がはいってぎこちないんです。桂龍士は、夏芽には一般のモデルのようなものは望んでなくて、もっと自然でいいのですが、夏芽は意識するとそれができなくて。
反対はしたけど、いざとなると夏芽が心配でたまらない累。夏芽をデートに誘い、ブラブラしながら歩き方を教える累が頼もしく見えました。
太ってはいけないと食事をひかえていた夏芽だけど、それを知った累はそんなのは許さない!とばかりに食事に連れて行き、どんどん食べさせます。モデルをすることで夏芽が無理をするのはイヤなんですね、夏芽のことが何よりも心配な累ですからね〜。

ショーは累のおかげで夏芽も堂々と歩くことができ、大成功でした。2着と聞いていた夏芽ですが、最後にもう一着あったんです。それはウェディングドレスで、累と一緒に歩く夏芽、これは最後の挨拶の場面で演出のようで、そこに桂龍士が出てきて、みんなに挨拶をしました。

マンガでは、ドラマのいたkissじゃないけど、夏芽がタキシードで累がウェディングドレスだったんですね〜。でもドラマでは、普通に夏芽がドレスの方がよかったよね。 
|  は→ぴー夏がいっぱい〜熱情仲夏 | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 20:56 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック