ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 冗談じゃない 第7話 | main | 私の名前はキムサムスン(再) 第8話 >>
東方茱麗葉〜東京ジュリエット 第5話
★★★★★★★★★☆ ※中国語字幕で一度視聴済です。

最近、コメントの投稿がうまくいかない時があります。夜の場合なので、重たくなっているのかしら・・。

姫とみのり、一気に盛り上がってきましたねラブラブ こんなにキスシーンが多いドラマも(マンガ原作で)珍しいかも。しかもキスシーンが長い・・揺れるハート

みのりは研修の取り消しが間違いだったと聞き、それを姫に報告したかったのに、姫が見あたりません。最近は休んでいるようでもあり、みのりは不安になります。
そんな時、姫が雛形のアトリエに入ったという噂を聞き、ますます不安になるみのり。そして、それは自分のせいだと気づくのでした。
みのりの研修取り消しには雛形がからんでいて、みのりに研修にいかせる代わりに姫が父・雛形のもとで手伝うことを約束したようです。

みのりは、姫の側にいても離れても苦しいと感じていて、同じ苦しいのなら側にいたいと思ったようです。雛形のアトリエへ行くみのり。姫に犠牲にならないでと叫ぶみのりを追い出そうとするスタッフに、姫はみのりをかばいます。みのりは姫に、守られるだけは嫌、二人で乗り越えたいと話し、そしてみんなの前で姫にキスをします。みのりは心の中で、何を捨てても姫を手に入れたいと思っていました。
姫は父に約束はなかったことに・・・とみのりと一緒にアトリエを出ていくのでした。

外に出てから、みんなの前でキスをしたことを恥ずかしく感じてきたみのり。
そんなみのりに初デートをしようと着替えてくるように言います。みのりは服やアクセサリー選びに一生懸命で、姫への気持ちを感じますね。みのりの服は色がきれいなものが多く、アクセサリーもかわいいです♪

待ち合わせの場所に行くみのり、姫は服を着替えてなかったので、そう言うと、下着だけ着替えてきた・・・と冗談で言う姫。この二人、イチャイチャする場面が増えてきているので、なんだか冗談には聞こえません。

池のようなところにコインを入れてお願いごとをするといいみたいで、みのりは4枚持っていて、二人で二回ずつお願いをしました。最初はみのりが「中間試験に受かりますように」とすごく普通のお願いをします。姫は「いつか誰かさんとできますように・・ディープキスを」とふざけてお願いをします。
二つ目のお願いは、みのりは「雛形を倒せますように」なのですが、今度こそ姫に真面目にお願いするように言います。そして姫が言った言葉は「”MINORI”って名前の女性ブランドが出せますように」でした〜。感激したみのりはコインを池からひろい、もう一度言ってと姫にお願いするのでした。

姫は母のことがあってから女性の服はデザインしないと決めていたのですが、ある女の子にあって気持ちが変わったと言います。彼女を守り彼女のためにデザインしたい、みのりに専属のモデルになってくれと言うんですね〜。ここでいい雰囲気になりキスシーンとなるわけですが、これが長いんです〜!
呉尊くん、初めてのドラマでこんなにキスシーンがあって恥ずかしくなかったのかしら・・。呉尊ファンによっては、見るのが辛い人もいるかな。私は相手がアリエルちゃんなので許します!

学校です。何かイベントがあるのかな、そのためのデザインを考えているみのりです。姫や司達にデザインしているのかな。いい案が浮かんだみのりですが、雑誌を見て、すでに雛形が考えていたことを知ります。ショックを受けるみのり。雛形を越えたい焦りから、先を越されたことでイライラしてしまいます。

急いで新しいデザインを書き、姫に見せるのですが、姫はこのデザインには気持ちが感じられないと言います。雛形を越えたい気持ちはわかるけど、それだけではダメってことですね。着る人の気持ちを考えてつくるデザインだからこそ愛されるわけで、雛形を倒すことだけ考えるのではなく、デザインすることの意味を考えるということなんだろうけど・・。みのりは焦ってるから聞く耳を持たず、イライラして姫に当たってしまいます。そして、姫はいざとなったら雛形Jr.に戻ればすむみたいなことを言ってしまうみのり。姫はそんなみのりに、しばらく会わない方がいいと言って出ていってしまうのでした。

1人、部屋に残って泣いているみのり。そこに司がやってきます。司はみのりのことが好きで心配なんですね。姫といるみのりがいつも辛そうで、自分ならそうはさせないのに・・という気持ちがあるようです。司はみのりを抱きしめようとするのですが、みのりは抵抗します。姫を傷つけたというみのり、司も傷ついてるんだけど、そこまでみのりに気は回らないかな。頭の中は姫でいっぱいのようなので・・。

その夜は、姫は自転車を飛ばし、司はバッティングデンターで、みのりはベッドの中で・・みんな辛そうでした。

翌日、みのりは姫に謝ろうと思い、学校で姫をさがします。見つけたと思ったら、その部屋では司が姫に話をしていました。みのりに気持ちを話してしまったこと、自分はみのりが好きだということ、姫はみのりを泣かせてばかりいるという司です。そんな司に姫は、正直、みのりといると疲れる・・と言うんですね。そこには意味があったと思うのだけど、みのりはその言葉にショックを受けます。そのまま去ろうとしたら、外にはもう一人の友だちがみのりに声をかけたので、司と姫はみのりが聞いていたことを知るのでした。

みのりはショックから立ち直れないようでボーっとしています。そんなみのりに姫から預かったという封筒が渡され、それはホテルに来るように書いてありました。
何があるのかわからないままホテルに行くみのり、何かのパーティのようで、そこには司達も来ていました。

それは雛形の誕生日パーティだったんですね。驚くみのりです。雛形は挨拶をした後、息子を雛形ブランドの後継者として紹介します。そんな父に続いて挨拶をした姫ですが、雛形ブランドを継ぐつもりはないことをハッキリと話します。これは父には驚きのことだったと思います。そして、自分のパートナーは別にいる、司達とみのりを紹介するのでした。公の場でハッキリといっておきたかったようです。何よりもみのりにわかってもらうために・・。

友人達も姫がみのりのためにしたことと感じたようで、二人を残して先に帰ります。姫はみのりと離れて1日で後悔したと言います。二人の関係だけは全力で守るという姫なので下。

そしてある日のこと、姫と一緒にいたみのりはアイスを買ってくると姫から離れます。アイスを買って戻ると、女の子2人が姫に話しかけていて、それを見たみのり、ヤキモチですね、不機嫌な顔で姫を見つめています。姫はそんなみのりに気づきながらも、軽く女の子としゃべり、女の子達の方が連れがいたんだねと姫と別れます。

姫はみのりに中学の後輩だと言うのですが、みのりはもっと話せばよかったのにと、心にもないことを言います。姫はわざと、あんなににらまれてはしゃべれないと答えるのですが、みのり、嫌な気持ちになってしまって、帰ると言ってサッサと歩き始めます。
姫はみのりがヤキモチをやくのが嬉しくてからかったんだろうけど、みのりは本気で怒ってしまって。ヤキモチをやくほどのことではなかったのだけど、みのり、本当に姫が大好きなのね〜。

帰ろうとするみのりに、姫の方が今度はあせって呼び止めます。冗談だと言い、おどかすなよと。みのりは自分でも感情がコントロールできなくなってきているようです。姫を失うことがあったらどうしよう?と思うと、頭がいっぱいになるみたい。姫はそんなみのりを、どこにも行かない、ずっと一緒だと抱きしめるのでした。みのり、姫の言葉で気分が全然変わるのね、嬉しそうでした。
アイスを持ったままのみのりを抱きしめたから、その後は大変でしたが・・。

それにしても、呉尊くんのお顔、見れば見るほどきれいですね〜。来週も楽しみです。
|     東方茱麗葉〜東京ジュリエット | 23:40 | comments(2) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 23:40 | - | - | このページのトップへ
かおさん、こんにちは。
近くに同じようにドラマがいると話ができなくて残念ですよね。私もそうなんです、F4ファンや韓国ドラマファンはいるんだけど、同じ台湾ドラマを見ている人がいなくて〜。

>(ブルネイの王子様?)発言なのですが

そういえば、そんなところもありましたね。

私も呉尊くんはドラマの方が素敵だと思います。ドラマを抜きにして、飛輪海で誰が好きかと聞かれたら、ジローかな。彼はドラマもトーク番組でもあまり差を感じないんですよね。
| kazune@管理人 | 2007/06/05 8:38 AM |
こんばんは。
ドラマを見て、このあらすじを見て、そうそうとか、やっぱりとか
独り言を言うのが習慣化して、ついつい又書き込みしてしまいました。
回りに台湾ドラマファンがいないのが、つらい!
(韓ドラはいっぱいいるのに。。。)
今回の私の突っ込み所は(ブルネイの王子様?)発言なのですが。。。
呉尊クン、飛輪海で歌ってるよりドラマの方がはるかに素敵ですよね。
| かお | 2007/06/03 10:21 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック