ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 求婚事務所 第2章(全6話) | main | 東方茱麗葉〜東京ジュリエット 第5話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
冗談じゃない 第7話
★★★★★★★☆☆☆

途中から、レビューのタイトルの回が間違っていたので修正しました。4話のレビューをかかなかったみたい・・。
今回は、圭太が指輪をなくしたことで大騒ぎに〜。
そんなに大問題なのか?と思いましたが、絵恋はまだ若いからね〜、やっぱり大事なことなのね、きっと。
このドラマを見ながら、うちの結婚指輪はいったいどうしたかしら?と思ったけど、まあいっか〜なんて思いながら見ていました。私は滅多に指輪をしないんです。アクセサリーが肌に接触するのが苦手で・・。

圭太は必死で探すんだけど見つからず、それに気づいた母の理衣が気をまわして同じものを準備してくれます。その頃、絵恋はクリーニング屋で衣類と一緒にあったと指輪をかえしてもらっていて、圭太がなくしたんだなと思ったんだけど、それを怒ってはいなかったんですね。でも圭太が同じ指輪をしているのを見て(理衣が無理やりはめ、とれなくなった)、絵恋はそうやって嘘をつこうとしたことにショックを受け泣きながら出ていきます。

絵恋は他に行く当てもなく、友田くんを呼び出し、気づけば友田くんの家で一晩、過ごしてしまったんですね。別におかしなことはなかったですよ、そのまま寝てしまったというだけです。そんな自分にさらにショックを受けた絵恋は、どうしていいかわからなくなります。

一晩中、戻らなかった絵恋を心配する圭太、そんな圭太を見て、理衣は絵恋を想う圭太の気持ちを感じたようですね。悩む絵恋に母である理衣は自分にも原因があること、圭太の気持ちも考えないといけないということを話して聞かせ、気持ちを落ち着ける絵恋。一方、圭太は友田君に会い、一晩世話になったことにお礼を言います。圭太は絵恋と友田くんには何もなかったと信じていて、そんな圭太に友田くんも自分はかなわないと感じたんじゃないかな。

絵恋は圭太に自分のことしか考えていなかったと謝ります。圭太もまた、最初に正直に言わなかった自分が悪かったと言います。そして二人は仲直りしました♪

一件落着!というところですが、ここに来て、お隣の山田くん、学生時代の圭太の彼女が誰だったかを思い出したと言うんですね〜。また来週も冗談じゃない展開になるようです。でも、理衣とのこと、というより、山田くん親子や絵恋の妹たちのことで騒ぎになりそうですが・・。
|   仁、冗談じゃない(2007) | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 12:36 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック