ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 私の名前はキムサムスン(再) 第7話 | main | 求婚事務所 第2章より再開 >>
東方茱麗葉〜東京ジュリエット 第4話
★★★★★★★★☆☆ ※中国語字幕で一度視聴済です。

みのりは姫と離れようと思うんだけど、心は思うとおりにはいかないようですね。
姫とあまり接しないようにするみのりですが、姫はそういう気持ちじゃないようで。姫は雛形が自分の父だとみのりにわかってからは、逆に自分にとっても雛形は敵であり、自分もみのりと同じように雛形を越えたいと思っている、みのりは自分が守ってやる、という気持ちが強まってきたような感じです。

みのりは先生にアルバイトをお願いしていたのですが、紹介してくれた店は姫がアルバイトをしている店でした。先生はみのりが姫を好きだと思って、わざわざ同じところを紹介してくれたのね・・中国語字幕のときはそこまで気づかなかったわ。
みのりは姫を避けていたこともあって困ってしまうのだけど、でも、もう仕方ないですしね、お店の人に頼んで姫とシフトが一緒にならないようにお願いします。店の人からすれば、姫と同じにした方が、夜遅くなっても帰りが安心だと思ったようですが(女の子が夜遅く1人で帰るのは危ないので)。

ある日、みのりはうっかり曜日を間違えて店へ。そこで姫と会ってしまいます。みのりは気まずそうで、でも姫は嬉しそうに見えました。みのりは着替えようと奥の部屋に入り、うっかり寝てしまって・・。気づいたときには姫はいなくて、店の人だけでした。外に出ると司が迎えに来ていて・・。夜遅くに1人で帰るのは危ないからと姫が司に頼んだようです。

店の人に頼まれ、みのりは姫とショーの手伝いも引き受けます。ショーが無事に終わり、そこには雛形もいて、そしてなんと雛形の夫人として紹介された女性はみのりの母でした。お父さんと別れた後、雛形とつきあったということ? これは本当にショックですよね、母はみのりに気づかないようで、まああまり見ていないというのもあるんだろうけど、子どもの頃以来だしね。みのりがその女性をお母さんと呼んだことで姫は驚き、父である雛形に今まで以上に嫌な気持ちを感じたでしょうね。

定期?試験があり、成績優秀なものは研修?に参加できるということで、勉強を頑張るみのり。そして、選ばれたのは姫とみのりの二人でした。

服を作る宿題だったかな?試験の1つになるのかな? すぐ書かないので忘れてしまいましたが、みのりは姫のことなどで頭がいっぱいで、ギリギリまでできなくて・・。やっと仕上がった服を試着するみのり、背中のファスナーが上まであげられず、そこに人の気配があったので、友人の妃美子だと思ったみのりはファスナーをあげてくれるよう頼むのですが、そこにいたのは姫でした。姫がファスナーをあげようとして驚くみのり。
あのときのみのり、わざと脱いだのかしら? そのままを受け止めて欲しいということ? もう一回見てみないと・・セリフを覚えていません・・。抱きしめる姫でしたが。

そこへ先生がみのりを探してやってきます(みのり、服をちゃんと着ていました)。なんと、研修生として選ばれたみのりの資格が取り消されたというもので、先生も理由がわからないから問い合わせてみるというものでした。

姫は雛形の差し金だと気づいたようで、父の元に行きます。姫はみのりの参加資格を取り戻すために、父からの条件を受け入れたようですね。

家にいるみのりに先生から電話があり、取り消しは手違いだったと話します。何も知らないみのりは喜ぶのでした〜。

雛形って、本当に嫌な感じ、まだまだ序の口なんだけど、大人が子どもにそこまでしなくても・・という感じです。

このドラマでの呉尊は、こうやってあらためてみると、やはり今より少し体に肉が付いていますね。腕は筋肉なんだろうけど、けっこう太いし。
花様〜と比べると、花様〜の呉尊が断然いいのですが、でも東京ジュリエットの呉尊にも惹かれます。辛そうな表情も怒ったような表情もみんなステキですが、やっぱり笑顔や優しい目をしている呉尊が一番好きで、見ているだけで幸せな気持ちになれます♪
|     東方茱麗葉〜東京ジュリエット | 20:09 | comments(9) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 20:09 | - | - | このページのトップへ
れなさん、こんにちは。
今まで日本で放送されたドラマはほとんどDVD化されているので大丈夫だと思います。たぶん「RITZ STORE」から発売されると思います。
ムービープラスは最近「求婚事務所」の再放送ばかりなので、そろそろ何か新しい台湾ドラマをやってくれないかな〜と思っているところです。
| 管理人 | 2007/06/02 8:13 AM |
早速のご返答ありがとうございます♪
日本のドラマでなくても放送が終了すれば日本語字幕版が発売されるということですよね?
知り合いにはビデオに録ってもらってたんです♪なのでそこからHDDに移して保存していたんですよ('-^*)ムービープラスは見れるので、いつか『イタズラなkiss』と『東京ジュリエット』を放送してくれないかなぁ…なんて思ってます(笑)温かいお返事ありがとうございました♪
| れな | 2007/05/31 4:45 AM |
れなさん、はじめまして。メッセージをありがとうございます♪

「東京ジュリエット」の日本語字幕版は、他のドラマのようにテレビ放送が終わる頃に日本版DVDが発売されるのではないかと思います。

地上波だったら録画もダビングも可能ですが、BSはコピーアットワンスというコピーガードがかかっているので、一般的にはDVD-Rにダビングをすることが不可能なんです。お友達は録画してくださったようなので環境にもよるのかもしれませんね。友人にも聞かれたのですが、我が家ではそこまでできなくて。

「東京ジュリエット」は、最初、友人が買った輸入盤DVD(中国語字幕)で見ました。中国語はわからないのに、思ったよりも内容は理解でき、楽しめました。このドラマはなんといっても呉尊くんがいいので、そのせいかもしれません。それなら・・と、「花様少年少女」の輸入盤DVDを買った私です。

お役に立てないレスでごめんなさい。放送を終了するよりも、少しでも早く日本語版が発売されるといいですね。
| kazune@管理人 | 2007/05/30 10:36 PM |
管理人様、初めまして。あらすじ読ませて頂きましたm(_ _)m
私の家ではBS-iが見れないので、管理人さんがあらすじを詳しく書いて下さっていて本当に嬉しいです。
『イタズラなkiss』は漫画の大ファンで、台湾版が放送されているのは知っていたのですが諦めていました。ですが知り合いが見れるみたいで最終回だけ録画してもらえたんです♪ついでに『東京ジュリエット』も録画してくれていたのですが3話目からレコーダーの調子が悪くなったみたいでまた見れなくなってしまいました↓
他に見れる人もいないのでBSデジタルに加入しようと思ったのですが、すでにケーブルテレビに加入していて反対されてるんです。イタズラなkissの日本語版DVDは発売されていますが、東京ジュリエットは地上波放送や日本語字幕のDVDは発売されないのでしょうか?すごく見たいのでお返事の方宜しくお願いしますm(_ _)m長々とすみません。
| れな | 2007/05/30 3:43 PM |
そうそう、熱情仲夏は12話と短かったので早かったですね。好きなマンガ&ジョセフなので、そのうちゆっくり続きのレビューも書こうと思っています。
| kazune@管理人 | 2007/05/30 11:31 AM |
度々こんにちは。
暖かいお言葉ありがとうございます。

熱情仲夏終わりましたね。
ジョセフの可愛いわがままぶりが、呉尊を裏切りそうに
なるのですが、今の気分はやはり呉尊かな。。。
熱情仲夏の感想も聞かせてくださいね。
| かお | 2007/05/29 8:36 PM |
かおさん、私もよくそんなことがあります。名前を入れたはずなのに、なぜか消えている・・。なんでなのかわからないのですが。

呉尊はドラマで見ると(役に合っているということなのかもしれませんが)、いっそうステキに見えますね! 東京〜の呉尊、見た目は花様〜に負けていると思うのに、ドラマを見ているとほんと目が離せないというか、かおさんと同じで私も幸せな気持ちになります♪

ジョセフのことがあんなに大好きだったのに(もちろん今でも大好きですが)、現時点で少し呉尊の方に気持ちが傾いてしまっている私です。
| kazune@管理人 | 2007/05/28 10:37 PM |
ごめんなさい
前記にコメントをいれたのですが、名前が消えてました。
無記名になって失礼いたしました。
修正できないので、ここに名前をいれます。
すみません。かおでした。
| かお | 2007/05/28 10:23 PM |
ご無沙汰しています。
いつも楽しく拝見しています。
花様〜の呉尊でファンになった私ですが、最近東京ジュリエットの呉尊の回りを気にしない
みのりに向けたはじけた笑顔が、私の最高の癒しとなっています。
本当に幸せな気持ちになりますよね。。。
| | 2007/05/28 1:26 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック