ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 朱蒙〜チュモン 第5話 | main | 私の名前はキムサムスン(再) 第7話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
マイガール 全16話
★★★★★★★★★★

すごくおもしろかったです。最後もよかったですし〜。
ダヘちゃんはイメージが全然違っていたし、イ・ドンウクもジュンギくんもよかったです♪

出演:イ・ダヘ(チュ・ユリン)、イ・ドンウク(ソル・ゴンチャン)、イ・ジュンギ(ソ・ジョンウ)、パク・シヨン(キム・セヒョン)

どんな人とでもすぐに仲良くなれるユリン。ギャンブル好きの詐欺師である父に育てられたこともあって、ユリンも嘘をつくのが上手。ユリンは韓国だけでなく日本、中国など海外を転々とし(父が詐欺や借金で追いかけられることから逃げるために)、とてもたくましい元気な女の子に成長しています。
ユリンは生きていくための手段として嘘をつくことがあるのだけど、でもそれは憎めないものが多く、かわいかったりします。
そんなユリンが出会ったのは、ホテルの跡継ぎである実業家のゴンチャン、ゴンチャンの祖父は孫娘を探していたのだけど見つからず病にふせっていて、せめて最後に孫娘にあわせてあげたいと思うゴンチャンは、孫娘の母親と顔の似ているユリンに身代わりを頼みます。たった一度で終わるはずの嘘がどんどん長引き、本当の孫娘のような存在になっていくユリン。そして、本来ならゴンチャンとユリンは兄妹みたいな関係でなければいけないのに、お互いに惹かれあっていく二人なのでした。

ユリンはゴンチャンの友人のジョンウとも出会うのですが、プレイボーイで女性には困らないジョンウもまたユリンにどんどん惹かれていきます。辛く切ない気持ちを何度も感じながら、いつも最後にはユリンの気持ちを大事に思うジョウンもまた素敵な男性でした。

イ・ジュンギくんが好きな私は、ドラマ中のジョンウが大好きで、ジョンウに幸せになってもらいたかったんだけど、でもドラマを見ていくとゴンチャンもいいんですよね〜。ドラマからはずれれば好みはジョンウだけど、でも実際に自分があの場にいたとすれば、やっぱりゴンチャンに惹かれるかな〜などと、あり得ない妄想をしながら見ていました〜。

ゴンチャン役のイ・ドンウクssiは、なんと「ラビング・ユー」のヨンハくんの弟役の男性だったんですね、どこかで見たことがあるとは思っていたんだけど、全然気づかなかったわ。
|     マイガール | 15:13 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 15:13 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック