ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 熱情仲夏〜ぴー夏がいっぱい 第5〜10話 | main | 雪の女王 第10〜16話(最終回) 感想 >>
東方茱麗葉〜東京ジュリエット 第3話
★★★★★★★★☆☆ ※中国語字幕で一度視聴済です。

姫と雛形の関係がわかり、二人の関係がおかしくなってきましたね。
みのりが姫に雛形を越えるまでは恋をしないという誓いをやぶりそうと話したとき姫は急に黙り込んでしまいます。さっきまではみのりのことを想っているような態度だったのに、俺はお前を雛形から守ってやるといいながらも、だけど自分のことを好きになるな、と言うんです。みのりは意味が理解できず、理由を教えて欲しいと言うのですが、姫は答えてくれません・・。

理由もわからず姫にさけられるみのり・・。大学でもあからさまにみのりを避ける姫。周りの友人も気づくほどです。はっきりさせようにも姫は理由を言ってくれないし。

みのりは友人達と飲みに行くのですが、あまりに飲み続けるみのりを心配する友人達。トイレに行こうとしたみのりですが、たまたま姫を見かけるんですね。知らない女性と話していて、酔ったみのりは姫たちにからみます。姫はみのりを遠ざけようとしているので、みのりには関係ないような返事をします。理由を聞くみのりに、わざと「嫌いだから」と答える姫。
その時には心配した友人のきみこや司も側に来ていたのですが、その辺に座っていた知らない男性がみのりに声をかけ誘ってきます。ついかっとなって手を出しそうになった姫をおさえる司たち。だけど、結局、司の方が耐えきれず、その男性になぐりかかります。そして騒ぎになり、その途中、姫はみのりを連れて店から先に出るのでした。
考えてみれば、騒ぎの原因はみのりと姫なのに、この二人だけ先に逃げちゃうなんて・・。

姫とみのりが歩いているとき、たまたま女性を連れた雛形とすれ違います。そのまま黙っていてもよかったのだけど、姫はこれ以上嘘をつくより関係がわかった方がいいと想ったんでしょう。すれ違った後、「お父さん」と声をかけるんですね。雛形は、自分をそう呼ぶのは久しぶりだな・・と。みのりは雛形が姫の父親だと知り、驚きます。まさかよりによって・・という感じだったでしょうね。

姫は自分も負けないくらい雛形を憎んでいると言います。自分が女物の服をつくりたくなくなった理由を話す姫。子どもの頃に母が病気で寝込み、だけど父はいつも仕事に夢中で母のところへ来てくれなかった、そして容体が変化して危なくなったとき、父を呼びに行ったけど、その時はショーの日だったようですね。父はやはり今日は大事な日だからとやはり病院には来てくれず、そのままお母さん、息をひきとってしまったんです。それから、父を憎み、父も父に媚びをうる周りのモデルも嫌いで、女物の服をつくらないと決めた姫。

だけど、そんな姫の心にも変化があらわれる出来事があります。あるパーティで女の子に出会ったこと、その子になら服を作ってあげたいと思ったと。その子はきれいな黒髪で、おひな様みたいな女の子だったんですね。つまり、みのりだったんです。みのりはあの男の子が姫だと知り驚きます。
姫はみのりを見たとき、すぐにあのときの女の子だとわかったと言います。う〜ん・・それは無理があるような気がしますが・・。5歳の頃でしょ、そして今は18歳くらい? きれいな黒髪というだけなら他にもいるだろうし、一目でわかるとは思えませんが。まあ、それほど印象的だったということで。

みのりは初恋の相手が雛形の息子だったことに、ショックを受けます。事情がわかる前は、みのりがきっと自分を憎むようになると好きになるなとまで言ったのに、いざ本当のことを話すと、みのりに雛形の息子としてではなく「姫宮亮」として見て欲しいという姫。

それでもみのりは割り切ることができないようで・・。
そんなみのりが姫と二人で遊園地に行き、一日中、遊ぶんですね。いっけん何もなかったかのように楽しそうな二人でしたが、みのりには考えがあったようです。
家まで送ってきた姫に、寄っていく?と聞きます。父は出張中で留守だからというみのり。姫はみのりの家に入り、落ち着かない様子ですが、ただ、みのりが自分を入れたのは何か話があったからだと気づいていたようです。

みのりは姫に自分の髪を切って欲しいと言います。初恋の男の子のためにずっと伸ばしてきた髪を姫に切って欲しいといいます。それで終わりにできる、というようなことをいうみのりに、姫はショックを受け、そんなことはできないと言います。
でもみのりの考えは変わらず、今ならまだ間に合う、姫を憎まないですむというみのり。みのりの決心のかたさに、姫はみのりの髪を切るのでした。何かを決心した表情のみのりに、一箇所はさみを入れるたびに辛そうな顔の姫・・。

翌日、学校でみのりを見た司やきみこはみのりの髪型を見て驚きます。切ったというより髪にウェーブがあるからパーマをかけたのかなという感じなんだけど、そんなに驚くかな〜。まあ、あんなにまっすぐできれいな黒髪をさわったことが驚きなんでしょうね。
みのりに何かあったの?と心配して聞く友人達でした。

そうそう、途中で姫が冷蔵庫からみのりが作ってくれたスパゲティを出してフライパンで温め直すシーン。あのスパゲティ、作ってくれたのはしばらく前で大丈夫かしら?と思ったのですが、あの場所は冷凍庫(チルド?)だったのかしら。1人用の冷蔵庫って、ワンドアで上の方に氷を作るところがあるタイプがあるから、そうだったのかもしれませんね。ちょっとびっくりしちゃった!

二人が想い合っているのは確かなのですが、まだ雛形をめぐって二人の気持ちが変化するから、ハラハラドキドキしますね。まあ、このドラマ自体、最後までハラハラドキドキの連続ではありますが・・。
|     東方茱麗葉〜東京ジュリエット | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 21:44 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック