【お知らせ】2017年2月、このブログを終了します。今後は、日々のできごとなどを書いている別ブログ「優しい時間(http://ameblo.jp/ksroom)でドラマの感想を書いていこうと思いますので、よろしければそちらをご覧くださいね(^^)
-----------------------------------------
韓国ドラマ、台湾ドラマの感想を書いています。感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性があるため、まったく参考にならないと思います。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆
<< 冗談じゃない 第5話 | main | 朱蒙〜チュモン 第4話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
薔薇之恋 第38話
★★★★★★★★☆☆

スミレの友人の披露パーティでは、ゆり、本当にかわいそうでした。
お母さん(しょう子)はゆりに、ゆりを産んだお母さんの写真と住所を教えてくれるんですね。なんだかんだといいながらも、お母さん、いい人ですよね。
ゆりは早速、その住所の家に行きます。おじいさんが住んでいるはずで・・近所のおばさんに話を聞いたり、少しブラブラしたり。そのうち、リハビリに行っていたおじいさんが帰ってきました。
おじいさんはゆりの話を聞き、そして娘(ゆりの産みの母)のことも話してくれます。ゆりはその話を聞いて、お母さんの気持ちを知り、お母さんへの気持ちが変わるのでした。
おじいさんもゆりが来てくれたことを喜んでいて・・。ゆりはおじいさんが1人で暮らしているのが寂しそうで心配だったみたい。

前半を見ながら、前回といい、ゆりがこんなに悩んだり、いろいろ動いているのに、スミレは心配じゃないのかしら?と疑問だったんですよね。
そう思っていたら、ゆりが海岸でたたずんでいるとき、スミレが側にきてゆりを抱きしめるのでした。心配していたんですね・・。

そして、家に戻り別れ際にスミレは、今度、友人の結婚披露パーティがあるから一緒に行かないか?と言います。簡単な会なのでそんなにあらたまったものじゃないからというスミレ。
ゆりは返事をし、嬉しい気持ちになったんだけど、家に戻ってから、自分のようなブスでチビが行ったらスミレがかわいそうだと感じてきます。だけど芙蓉が、恋する女性はきれいになるんだからとゆりはきれいだといい、協力してあげるからおしゃれをしようと言うんですね。そして、当日、お化粧をしかわいい服を着て・・。ゆりのかわいくなった姿に、葵くん、驚き、素直に褒めていました〜。本当にかわいかったですよね。

スミレは先に会場に行っているので、ゆりはタクシーで。
会場に入ったのですが、みんなの華やかな雰囲気に圧倒され、そしてスミレがかっこいいな〜と思いながら、そこから動けず・・。スミレの方が気づいてゆりを迎えに来て、友人に紹介します。スミレの側にいた友人は普通にゆりに対応してくれたのですが、周りの女性達、コソコソゆりの悪口を言ってるんですね。あれがスミレの彼女?、セリがいなくなってヤケになったんじゃないの? あんなチビとかブスとか、ひどすぎる・・。

ゆりはそんな嫌な空気を感じ取っていて、でも側にいるスミレは気づいていないようで、それも変だったけど。ゆりは転んでしまい、ストッキングがやぶれたのかな、服も濡れたようだし。心配するスミレですが、ゆりは居心地悪かったのもあって、替えのストッキングを持っているからトイレで履き替えてくると、その場からいなくなります。
トイレの個室に入っているとき、会場にいた女性3人がトイレにきて、まさかゆりがいるとは思わず、ゆりの悪口を言うんですね。ゆりは傷ついただろうな・・。

ゆりは会場に戻りかけ、でも中には入りづらくて・・・。戸が全面ガラスなので、見えるんですね。外のテーブルの椅子に座っていると、中からスミレがガラスを叩くんだけど、ゆりは入る気にならず・・。スミレが出てきて、一度は中に入ったんだったかな、それともそのままだったかな、とにかく、ゆりはスミレよりも先に帰るんですね。

傷ついたゆり、そのまま家に帰る気にはなれなかったようで・・。
家に戻っていないゆりに、スミレは大騒ぎ。ゆりの行きそうなところは調べたのかと芙蓉に言いながら心配でたまらない様子。そこまで心配するくらいなら、あの会場でのゆりへの周りの女性の態度に気づけよ〜って思うのですが。
だけど、あの会場の女性達、きれいな人しかいないって変ですよね。主に同級生達でしょ、きれいな人がいればそうでもない人がいるのが普通で、ゆりはそんなに変じゃないのに・・。あんなにゆりのことを悪くいう同級生、性格悪い人ばかりですね!

ゆりは猫吉のところへ言ったんですね。ゆりのただならぬ様子に驚く猫吉、ゆりは何も言わず、ここには着替えを置いているしと。そして食事も作ってあげるね、と黙ってつくり始めるんです。猫吉が芙蓉に電話したんでしょうね、スミレが飛んでやってきました〜。そしてゆりのところに。スミレがゆりに話しかけるんだけど、ゆりは気持ちが落ち込んでいるので、なんだかダメで・・。いっそう自信をなくしたゆりの言葉はマイナス的なことばかり。そんなゆりを見て、スミレは家には帰さないとスミレの住んでいるところにゆりを連れて行くんですね。ゆりは驚いてしまって・・・。
スミレは部屋に連れて帰り、ゆりに話をするんだけど、ゆりはやっぱりダメで・・。スミレにはやっぱり釣り合わないと感じてしまったゆり、私なんか・・というゆりに、もしゆりがつまらない人間だとしたら、ゆりを愛した自分もそんな人間なのか?とゆりに言います。

スミレは今はもうダメだなと思ったようで、ゆりには二階で寝るように言い、自分はソファで寝ることにしました。
部屋で落ち込むゆり、ちょうどその時、葵がゆりの着替えやら洗面用具を持ってきてくれたんですね。そしてゆりの部屋に入り、ゆりに渡して帰ろうとする葵にゆりは泣きながら抱きついてしまいます。ゆり、苦しくて誰かに気持ちを預けたかったんだろうけど、ゆりにとっての葵くんって気を許せる弟。。家族なんでしょうね。

ゆりが自信を持つことも大事だけど、でも、スミレももう少しゆりの気持ちも考えて欲しいな。ELLAはブスじゃないんだけど、ゆりがブスでスミレが飛びぬけてかっこいい設定であると考えた時、何も気にしないでいるなんて難しいですよね。しかも周りにあんな反応されてはね。芙蓉や葵みたいに、ゆりの良さをわかってくれる人ならいいけど。

来週は葵くんがゆりの話を聞いてあげるようですね。葵くんも切ないですね・・。
|     晴れのち女神が微笑んで、薔薇之恋 | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 21:14 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック