ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< エクスプレス・ボーイ〜悪男宅急電 第11〜12話 | main | 韓国映画「フライ・ダディ」 >>
東方茱麗葉〜東京ジュリエット 第1話
★★★★★★★☆☆☆ ※中国語字幕で視聴済です。

始まりましたね〜。いたkissとは全然雰囲気の違うアリエル・リンちゃんです。
中国語字幕分を見たとき初回はそんなにはまらず、呉尊くんの髪型もいまいち〜などと思っていたのですが、回数を重ねる事に目が離せなくなり、呉尊くんの役柄に惹かれ、髪型のことはどうでもよくなってくるんですね。
中国語字幕分を最初に視聴し、その後に日本語字幕分を見る、というのは初めてなのですが、まず最初に感じるのは名前の違いですね。原作まんがを読んでいないので、私の中での役名が中国語の漢字で書かれたものになり、読み方も俳優さん達が発音している名前(主演二人は)になってしまっているんですね。だから、違う名前で呼んでいるみたいに聞こえてしまいます。

穂(スイー) → みのり
亮(リアン) → 亮(あきら)ですが、今はまだ名字ですね。名字も中国語では、”紀風”ですが、日本語字幕は”姫宮”です。違う人みたい・・。

亮の父の名字が、”雛形”なのか”緒形”なのか中国語の漢字ではイマイチわからず、レビューでは緒形と書いていたのですが、雛形でしたね。

ストーリーですが・・。

綾瀬みのりは子どもの頃、あるパーティ会場で「きれいな髪だね。おひなさまみたいだ」と少年から言われた言葉が忘れられず、いつかまたその少年に会えることを信じて黒髪を伸ばしつづけてきました。アリエル・リンちゃんの黒髪、本当にきれいですよね〜。

みのりが町を歩いている時、外に映し出されたスクリーンで偶然にもファッションショーの様子を見るのですが、それを見て涙が出てきそうになります。
彼は「デイジー」シリーズで世界的に有名になったデザイナー雛形英二。この「デイジー」は元々みのりが5歳の時に考えたもので、それを奪われてしまった悔しさ、悲しさから、子どもながらに雛形を越えるデザイナーになる、と決心したみのりです。
話は戻りますが、そんなみのりに泣き顔を隠すように自分の帽子をかぶらせる亮でした〜。

みのりは、デザイン界の最高学府といわれる宝条デザイン学園にトップの成績で入学。入学式の新入生代表の式辞では普通の挨拶に続き、かなり大胆な発言をします。幼稚園でも考えることのできるようなデイジーをモチーフに他に能がないデザイナー、と、名前こそ出しませんが、雛形を指しているのは誰にでもわかります。そのデザイナーを越えてみせると宣言したわけです!
これには先生達も生徒も驚き、雛形は表面は笑っていたけど内心はかなり怒っていたでしょうね〜。
みのりは生徒からも敬遠されるのですが、明るく声をかけてきた女の子がいて(名前はなんだったかな、終極一班の五熊なのですが)、友だちができてよかったわ。

ある日、みのりは学園内での新入生歓迎ファッションショーで姫宮亮たちのパフォーマンスを見ます。デザインは亮のもののようですね。グループ名までつけていてまるでアイドルみたいですね。アイドルという雰囲気ではないんだけど、本当に学内にこんな学生がいたら人気が出そうですね。
みのりはショーを見ながら、いつの日か泣いていたみのりに帽子をかぶせてくれた男の子は亮だということに気づくのでした。

学食で亮たちは、みのりに何か声をかけたと思うのですが、みのりは腹を立てて怒って出ていきます。そんなみのりを追う亮。
みのりは「雛形に勝つまでは恋をしない」と誓いを立てていたので、自分の気持ちの変化に困惑するようですが・・。

亮と連絡がとれず、亮の友人はみのりにメモを渡します。亮の住んでいる部屋の住所だったんですね。友人の司(ブライアント・チャン)は最初からみのりが気になっているようなのですが、もう1人の友人は亮がみのりに興味を持っていると感じているようで、わざとみのりに行かせようとします。

みのりが亮のところに行くと、なんと亮は倒れていて・・。具合でも悪いのかと思えば、空腹で倒れていたんですね。それに気づいたみのりは、勝手にキッチンで料理を作り始めます。楽しそうなみのり、途中、意識が戻った(空腹で倒れていたわけだから、おいしそうなニオイに目が覚めたのかな)亮は、キッチンで料理をしているみのりを嬉しそうに眺めているんですね〜。

つくったものはスパゲッティ。おいしそうに食べる亮、うれしそうなみのりです。本当に急接近なんですよね。お互い、一目惚れに近いものがありますね。
みのりはまだ亮がどういう人物かを知らないし、もちろん亮もみのりの事情を知らないから、今はお互いニコニコしていますが、来週から早くも波乱の始まりとなります。

ところで、このドラマが初めてだった呉尊くんはかなり辛かったようですね。演技が思うようにできなくて隅で泣いたとか・・。かわいそう〜。でも、がんばったからこそ、今があるのかもしれないですし、このドラマに出たことは大正解だったと思います♪
|     東方茱麗葉〜東京ジュリエット | 09:30 | comments(2) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 09:30 | - | - | このページのトップへ
確かに琴子の料理を見ていると、同じアリエル・リンちゃんでも、みのりはずいぶん違いますね〜。

いたkissでジョセフファンが急増したように、呉尊ファンもどんどん増えていくんだろうな〜。
| kazune@管理人 | 2007/05/04 9:49 PM |
たびたびおじゃまします。
イタキスDVD繰り返しみていて 昨夜のをみたものだから 琴子ー 料理上手過ぎ!と 突っ込んでしまいました。呉尊きれいですね。まだまだ 画面中に 小綜探してしまいます。
| K | 2007/05/04 11:19 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック