ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 夏の香り 第13〜16話 | main | 夏の香り 第17話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
夏の香り〜吹き替えがよくない?
私はLalaTVで字幕放送をみているのですが、先日、友人から「夏の香り」の吹き替えがよくないとの話を聞きました。ネットでも話題になっているようですね。
たまたま、地上波でも平日の午前中に「夏の香り」が放送となり、そちらは吹き替えでした。
どんなものか?と聞いてみると、最悪でした〜。声がいいとか悪いとかそういうことではなく、字幕の声を比べた時、その方のイメージが全然違ってしまっていることが問題!

「天国の階段」などのクォン・サンウの吹き替えもイマイチですが、「夏の香り」のソン・イェジン、これは完全にNGではないかしら。

「夏の香り」をみていて感じるのは、ユン・ソクホ監督であることから情景がきれいであること、音楽がきれいであること。「冬のソナタ」や「秋の童話」と比べると、ストーリーとしてはもう一つ盛り上がりにかけるかな。
だけど、ミヌとソン・イェジンの雰囲気が魅力のような気がしていて、ソン・イェジンの声は優しい感じなのです。ハッキリしゃべってもきつく感じないのです。
それが、吹き替えの声は棒読みっぽくもあるけど、声が低めで、落ち着きすぎていて、だから、ヘウォンが実際よりきつい女性に感じてしまいます。あれではソン・イェジンならではの魅力がでないような気がして、せっかくの微妙な雰囲気を感じにくいのでは?と思いました。

感じ方は人それぞれなので、以上は私の感想です。
満足している方がいらっしゃったら、気にしないでくださいね。
|  な→ナイン、夏の香り | 14:25 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 14:25 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック