ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 気になる新ドラマ・映画(12月、1月) 12/8追記 | main | 1メートルの光 第16,17話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
のだめカンタービレ 第8話
★★★★★★★★★★

演奏会が成功してよかったですね♪ 千秋ものだめのおかげで飛行機を克服できそうな感じでしたし。

コンクールに気持ちがいってしまい、オケのメンバーが練習に集中できず、しばらく練習が休みになってしまったオケ。

のだめですが、江藤先生との「おなら体操」は完成したようです。江藤先生、楽しそうに弾いているのだめに気づき、何か感じるところがあったかな。そのまま帰ろうとしたのだめに先生は、約束したはずだと、たくさんの楽譜をのだめに渡します。そこから10曲選んで練習しておくように・・と言う先生に、のだめもびっくり。
先生は勝手にコンクールの申込書?にのだめの名前を書いていましたね。

気分の落ち込んでいる千秋ですが・・。千秋はのだめに飛行機恐怖症の話をします。そして、克服するためにいろいろな治療をしたことも。そのとき、のだめはシュトレーゼマンからもらった時計を、催眠療法もやった?という感じで冗談っぽく千秋の目の前で振るのですが、千秋が本当に眠ってしまいます。驚くのだめ、手を叩いて起こしていましたが・・。

その後、千秋は何かをきっかけに(なんだったっけ?それが思い出せない・・)オケのスコアに目を通し、それぞれのパートにメモ書きを入れ始めます。急にやる気になってきた千秋、そんな千秋を見てのだめは心配になります。千秋が食事もせず、お風呂にも入らず・・の状態となり。のだめがおにぎりをつくっておいても夜まで食べずカチカチになっていたり。お風呂に連れていくのだめ・・そして服を脱がそうとしましたが、さすがに意識はあったようでのだめはそこまで。でも、後の話で、そのとき千秋はお風呂でおぼれかけたみたい。

千秋が心配でうなぎのセールに行くのだめ。そこに黒木くんがのだめに会いにくるのですが(コンクールの演奏を聴きに来て欲しいと言うために)、スーパーのセールに行き、千秋のためのうなぎが変えずがっかりしているのだめを見ていた黒木くんは、のだめが千秋を好きだと気づくのでした。
その動揺がおさまらず、なんと翌日のコンクールでは、黒木くん、大失敗したようです。本来なら1位になれる実力で、それが3位にも入らず・・。
そして、清良ですが、初めて寝ていて首筋を寝違えたらしく、本来の実力を発揮できなかったようで2位に。外国から有名な先生も来ていたようで、大ショックの清良。
千秋はインターネットで二人の結果に驚いていました。

龍太郎が清良をなぐさめ、なんとその場の雰囲気でホテルへ行ったようです。二人は関係を持ってしまったようです。でも、力の抜けないまじめな清良には龍太郎みたいなタイプが合っていますよね。龍太郎、けっこう頼りになるし。

コンクールも終わり、オケの練習再開です。千秋はそれぞれのパートに細かく指示を出します。個人個人の腕はいいのですが、オケの中で合わせるという意味では不十分なところがあるようで、ハードな練習となります。ぐったりするメンバーですが、それはそれでやる気になるメンバー。
そして演奏会です。千秋のお母さんも見に来ています。前宣伝がすごかったので評判も上々で、音楽で有名な人たちもチラホラと・・。

まずは黒木くんの「オーボエ協奏曲」からです。コンクールで失敗した黒木くん、コンクールに出ていたよその学生が”黒木もたいしたことないな”と話しながら聞きに来ていたのですが、黒木くんの演奏を聴いてびっくりしています。
そして「交響曲第1番」です。緊張した中で始まりましたが、演奏はすばらしく、のだめは泣けてきて仕方がないみたいです。演奏会は大成功。清良の先生(外国人の先生)も、この演奏を聴いて満足した様子でした。

演奏後、のだめは千秋のお母さんに声をかけます。そして千秋の飛行機恐怖症になった時の話を聞いたようです。
千秋が急に頭に浮かぶようになった薬の入れ物・・。飛行機に乗っていたときのこと、老夫婦が楽しそうに演奏会の感想を話していて、子どもだった千秋はうれしそうに聞いていました。その後、飛行機が揺れ、そのときのおじいさんが発作を起こします。薬の瓶が転がっていき、千秋はそれをとろうとしたのですが、あの飛行機の揺れでは無理で、おじいさんが苦しみ、おばあさんが薬を探している状態を見ていた千秋、自分に責任を感じたようです。おじいさん、亡くなったみたいですし。
子どもの千秋に責任はないのですが(たとえ大人だとしても無理だったと思うし)、子どもだったからこそ、自分のせいだと思ったんでしょうね。

のだめは、シュトレーゼマンからもらった時計を使って千秋を眠らせ、催眠療法をやろうとします。本当は素人が簡単にできることではないのでしょうが・・。
子どもの頃に戻った千秋に、あれは千秋のせいではなく仕方がないことを話します。そして、タイマーをかけ、タイマー音で目覚めるようにし、時計を千秋の手に握らせて部屋から出ていくのでした。そして目覚める千秋・・・。

予告を見た感じでは、のだめの催眠療法が千秋に効果をもたらしたようですね。そして、のだめ自身もコンクールに出る決心をしたようで・・。来週も楽しみです。
|   のだめカンタービレ(2006) | 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 12:27 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック