ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 母よ姉よ 第36〜40話 | main | イタズラなKiss〜悪作劇之吻 第7話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
家族 第5話
★★★★★★★★☆☆

悠斗くんもかわいそうだったけど、亮平の最後のシーンが辛かったですね。
理美は話し合う気持ちはまったくない様子。弁護士でもある友人は亮平を知っていくうちに、理美から聞いている人柄と違うことに気づきます。亮平の周りの人がいうように亮平は変わろうと努力していることを感じてくれています。
でも、亮平のことを一番知っているのは自分で、亮平はそんな人ではないという理美。亮平も理美の気持ちに気づいていなかっただろうけど、理美も亮平のこと、わかってないですよね・・。

悠斗は離婚の意味を知り、頭が混乱してきます。3人で暮らしたいよね、ママがそのうち帰ってくると信じていたんだろうし。まさか離婚が別れることだとは知らなかった悠斗。
ストレスから叫び声をあげたり、本当にかわいそうでした。

悠斗がママを恋しがっていることに気づいた亮平は、一緒にサッカーをしたりと努力するのですが、でも、悠斗はママを忘れることなんてできないからね・・。ママと一緒にいる子供を見ると、じっと見つめている悠斗・・そんな悠斗を見て辛くなる亮平です。

そして亮平は決心をします。悠斗をママに帰すことにしたんですね・・。ママが迎えに来たとき、パパの方を気にしながらもママの元に行く悠斗。そんな悠斗を見て、亮平は悠斗のためだと心の中で言い聞かせていたのでしょう。

その夜、一人になった家でじっとしている亮平、悠斗のいない寂しさがこみあげてくるような感じで、本当に辛そうで泣けてきました。亮平はこんな状態で大丈夫なんでしょうか・・・。

弁護士でもある友人は、亮平が悠斗を手放したことに驚きます。これまでの亮平は悠斗のために一生懸命で、手放しそうにはなかったですものね。

亮平はどうなるのかな〜と思っていたけど、予告を見た感じでは戻ってきそうですね。

竹野内くん、スーツでビシッと決めているのもかっこいいですが、今回、悠斗をサッカーをする場面、あんな感じの普段着も素敵ですね〜。
|   その他(2010〜)、家族(2006) | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 23:33 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック