ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 家族 第3話 | main | 母よ姉よ 第11〜14話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
のだめカンタービレ 第4話
★★★★★★★★★☆

笑えるドラマなのに、最後は感動して涙が出ましたポロリラッキー
千秋ですが、最初はなんとか技術を向上させようと必死になります。でも、メンバーはそういうタイプじゃないから不満続出。

千秋が部屋で悩んでいるところに、のだめが鍋セットを持ってきます。田舎から野菜とかを送ってきたみたい。鍋を食べる準備をする千秋、のだめは殺風景な部屋を見て、きれいなんだけど何かが足りないと思います。
そして、なんと、コタツを持ってくるんですね〜。鍋にはコタツだというのだめ。千秋は反論しかけたけど、のだめのペースで、コタツで鍋を食べることになりました。
千秋、小さい頃から外国に住んで、日本に戻ってからも洋風の家だったから、コタツに入ったことなかったんですって!
初めての経験なんですね、コタツは。コタツに足を入れる千秋、温かくて、まんざらでもない様子。鍋を食べ終わる頃にはうたた寝してしまう千秋なのでした。

途中、目覚めて、このままではいけないと思うのですが、コタツに入っていると睡魔におそわれ、他のことがどうでもよくなってしまうみたいで、またまた寝てしまい・・。
そのうちに部屋もめちゃくちゃに。のだめが原因だけど、コタツの上や周りが物だらけになってしまっているんですね。

のだめはいつの間にかパジャマを着ていました。そして、千秋のベッドで眠るのだめ。のだめはベッドで寝てみたかったようです。無理やりベッドからおろそうとしていた時、ピンポンがなります。訪問者は龍太郎と真澄だった。ベッドにパジャマでいるのだめを見て、大騒ぎする真澄。
のだめだけでなく龍太郎と真澄までコタツでくつろぎ初め、千秋は混乱する。その原因はコタツにあると思い、3人に1万円を渡してコンビニ行かせ、そのスキにコタツを外に出し、片づける千秋。でも、そんな努力もムダに終わり、お菓子やつまみを買った3人はコタツを拾って帰ってきました〜。
最終的には「勉強がしたいんだ」とコタツと3人を追い出しましたが・・。

千秋はSオケのメンバーに細かく問題点を指摘、そんな厳しい千秋の言葉にメンバーは不満を感じる。最初は不満のあったコンマスの龍太郎だったが、指揮者の辛いときにサポートするのがコンマスだと言われ、気持ちを切り替える龍太郎。

そしてある日、千秋がSオケの練習に出たときの演奏で、千秋は違和感を覚える。みんな上手になっていてやればできることを知るが、指揮をしながら何かおかしいと感じる。よく見れば、みんな楽譜通り確実に弾くことに必死で指揮をまったく見ていなかった。その様子に呆然とし、気分の悪くなる千秋は倒れてしまう。心配するメンバーやのだめ。

その夜(だったかな?)、千秋の部屋でピアノを弾くのだめ。あいかわらず自己流で弾くのだめだったが、千秋はのだめの演奏に技術とは違うよさをあらためて感じる。そして、あのSオケのメンバーはみんなのだめかもしれないと思い、翌日、Sオケに方針を変更すると伝える千秋。

直前になって変更を言われ、不満が出そうになるが、そこはコンマスの龍太郎がうまくおさめ、練習を再開。テーマを決め、自由に弾かせることにした千秋。千秋にもやっとメンバーの良い点がわかってきたようです。

そして本番を迎えます。緊張するメンバー達。初めてなんですものね、でも千秋も初めてだと(指揮者として?)言います。
Sオケは定演でAオケと比較させ、その後につぶしてしまうおうという音大の先生達。

ステージに出てきたメンバーがTシャツ姿で(おそろい)、それをバカにするような客席の学生など、みんな期待していません。
・・が、演奏が始まるとしーんとなり・・、そして先生達は驚きます。彼らはこんなに上手だったかと。
途中、盛り上がるところでは、龍太郎の千秋への目の合図で、パフォーマンスとなるような振り付け(正式な演奏ではやってはいけない)を千秋は許し、正当な評価はあきらめます。でも、タクトをふる千秋もなんだか気持ちが高揚し、うれしくなってきているんですね。そんな気持ちも初めてだったんじゃないかな。
そんな様子に感動して、演奏を見ている内に涙がでてきた私です。

演奏は大成功に終わります。先生も学生もSオケを見直し、さすがは千秋だと思うのでした。つぶそうとしていたSオケも存続することになりました〜。

最後のシーン、のだめが大学で千秋をさがしていると、ベンチで寝ている千秋を発見。その姿は本当に美しかったですね〜。
のだめは今度こそ!と思い、キスをしようとこっそり近づきます。いつも肝心なところで、千秋が起きてしまったり、動いたり。
でも、今回は難なく成功しましたよ〜。口じゃなくて頬かな?口の端あたりだった?
喜ぶのだめ、うれしそうに帰っていきました。
実は千秋、眠ってなかったんですね。意識があり、わざとそのまま動かずにいたようです。のだめへのお礼なんだって〜。

今回は本当によかったです。ただおもしろいだけじゃなくじーんときました〜。
|   のだめカンタービレ(2006) | 09:00 | comments(3) | trackbacks(2) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 09:00 | - | - | このページのトップへ
cocoansさん、みんな楽しそうでしたね〜。あんな演奏を見ていたら、自分もやりたくなってきます。ふだん、ふざけているようなのだめの涙もジーンと来ますね。


更紗さん、私もお礼、欲しい〜。千秋とのだめは対照的ですが、そこがいいんでしょうね。ほんと千秋はのだめのペースに引き込まれている・・。毎回、期待を裏切らないドラマです。
| kazune@管理人 | 2006/11/07 8:43 PM |
こんにちは〜
のだめへのお礼。私も欲しい。とかって(笑)
でも千秋こうやってドンドンのだめのペースにひきこまれていくんですよね。
 それにしてもsオケ楽しかったですね。
| 更紗 | 2006/11/07 4:45 PM |
kazuneさん、お名前ごめんなさい・・差し替えさせてください、

kazuneさん、こんにちわ
Sオケはみんなのだめだった・・て分かる気がしました。
みんな楽しそうに演奏してましたね。観客席ののだめが思わず涙していて、私も涙でした。
最後のキスはお礼だったんですね。そう、その寝姿はとても美しかったわ〜
TBさせて下さい^^ 大変すみませんでしたっ



| cocoans | 2006/11/07 2:41 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
のだめカンタービレ<4>
ブラームス:交響曲第1番~のだめカンタービレ 第4話 こたつに入ったことのない日本人がいたのかー まさかと思ったけれど真一はこたつバージンだったのね(笑) ブログランキング人気レビューも読む
| 綴り箱のかたすみに | 2006/11/07 4:41 PM |
『のだめカンタービレ』第4話
ドラマ『のだめカンタービレ』Lesson4Sオケすごい!演奏会大成功でした!おそろいのTシャツもパフォーマンスもよかった。なによりみんな楽しそうでした・特に千秋様。峰もコンマスらしくなってきて、客席ののだめが思わずう
| cocoans☆韓流よりみち日記 | 2006/11/07 3:01 PM |