ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< GayO韓ドラ 9月新番組!  | main | バリでの出来事 第17〜20話(最終回) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
バスケットボール・トライブ 第19〜22話(最終回)
★★★★★★★★☆☆

恋愛もちょこちょこあったけど、バスケがテーマのドラマらしい終わり方でした。
ヤモリのショックから立ち直れるのか心配しましたが、ミンの力もあって、ガオ・フェイ、ヤモリの分までがんばると決心。
そして、とうとうガオ・フェイはミンに告白しました〜。といっても、あることからミンが自分のことを好きかもってわかったから勇気が出たんだけど、そうじゃなかったら、ガオ・フェイ、告白する勇気、なかったかも。

そして、フォン、イェ・ワンのことが気になるんだけど自分の中でそんなはずはないと思うのか、ガオ・フェイとの会話で、それを聞いていたイェ・ワンを傷つけてしまいます。でも、本当は好きだったんだよね、ガオ・フェイがいろいろがんばったんだけど、フォンは自分の気持ちがハッキリわかったようで、イェ・ワンのところへ。見た目はかっこいい男の子と、ぱっとしない女の子なんだけど、仲良く料理をしているところは、とってもいい感じでした〜。

ミンとガオ・フェイが一緒にいると、ミンがお姉さんにしか見えない・・。このドラマのガオ・フェイを演じるロイくん、幼い感じなんですよね。かっこいいというよりもかわいいというか、まだ外を知らない純粋な子どもみたいな雰囲気があります。

そして、グォコーチとジャイアンツのコーチをしているチョウ・リンの関係も気になるところ・・・。チョウ・リンが連れている子どもが実は自分の子だったとしるグォコーチ、やりなおしたい、と言うんだけど、チョウ・リンは受け入れようとせず・・。
ニューエアとジャイアンツの決勝戦を放棄したら考えるといいます。でも、そんなことできなくて・・。だって、これまで一緒にがんばってきたチームの選手達、それを放り出すなんてできないですよね。

ジャイアンツのオーナーって、ヤモリのおじいさんだったんです。そして、ダン?社長、おじいさんの身内で、おじいさんにジャイアンツを必ず優勝させるよう言われるんだけど、ダン社長、卑怯な手段に出るんですね。ガオ・フェイやフォンをケガさせようとして・・。でも、それは失敗に終わります。そのことがおじいさんにバレてしまい、お前は後を継ぐ資格がないと言われます。ほんとにそうだよ〜。

フォンは、試合前日、イェ・ワンの料理を手伝っているときに油で火傷、かなりひどそうでした。試合には痛みをがまんしての出場です。

最後の試合・・最終回ですが、よかったです! ちょっとじーんときちゃった。ニューエアの選手達、本当に一生懸命で・・。負傷しそうになるんだけど、それにも負けず頑張るんです。フォンが飛ばされたとき、ガオ・フェイがそれをかばって体を床に打ち付けられ、救急車で運ばれます。
でも、ガオ・フェイ、今あきらめたら後悔すると試合会場へ戻るんですね。ガオ・フェイの根性はすごいです、フォンも手がかなり痛いはずなんだけど、必死です。最後はフォントガオ・フェイの連携プレーにより、逆転優勝!

優勝を喜びつつも、チョウ・リンとは戻れないショックで落ち込むグォ・コーチ、そこへ娘が・・。チョウ・リン、バスケのためにならすべてを犠牲にしてまでも戦うグォを取り戻してほしかったようで、最後まで戦った彼が嬉しかったようです。

ということで、みんなうまくいき、ハッピーエンド。ヤモリがね・・、そういう病気だったから仕方ないんだけど、ちょっと悲しかったですね。
|     晴れのちボクらは恋をする、バスケットボール・トライブ | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 20:47 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック