ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< ふたりのお嬢様! 第12,13話 | main | 止まらぬ愛 第12話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
1%の奇跡 第24話
★★★★★★★★☆☆

チェインも妹チェヨンもうまくいったと思ったら、そう簡単にはいかないみたいです。
テハとヒョンジンの結婚式も無事に終了し、新婚旅行へ。旅行先から携帯電話で家に電話をかけるテハですが、テハ母はヒョンジンに変わらなくていいといいます。その理由は携帯は電磁波があるから妊婦にはよくないという理由、ヒョンジンには携帯を使わず、実家への電話もホテルの電話を使うように言います。とても心配してくれているようですね〜。

タヒョンに比べて、つわりのひどいヒョンジン。何も食べれず、やつれてきて、テハ家族はみんな心配しています。水しかダメみたい。テハの母親もそうだったらしく、その頃の自分を思いだし、自分の母親の作った料理なら食べることができたと思いだしたんですね。それで、ヒョンジンの育ての母であるタヒョン母にお願いし、家まで料理をつくりに来てもらいます。

餃子をつくるタヒョン母、テハ母も餃子作りを手伝うことに。テハ母は料理は全然だめなようで、最初はとまどっていましたが、終わってみれば楽しかったのかな。料理教室に行こうかな、などと言っていました。

ヒョンジンが勤め先の病院へ出勤するときも、テハ母が車で送っていき、本当に心配なようです。ヒョンジンはそんな気持ちが嬉しいようです。
 
一方、チェインも過剰な心配をしていて・・。タヒョンが心配だからお手伝いを雇ってほしいなどと言い、みんながあきれています。タヒョンからすれば家事は主にお母さんがやってくれているし、自分はそこまで大変なことをしていないと言います。それよりもチェインが早く帰ってきて、手伝ってくれるのが一番助かると言うタヒョンでした。

また、チェインは出張に行ったかと思えば、出張先から何度も電話を家にかけてくる始末。家族も、私たちの信用がないんじゃないかとあきれています。

そして、おじいさんに孫の名前を考えて欲しいと、た〜くさんの名前にカンする本を渡すチェイン、ちょっと気が早すぎるのでは?というタヒョンに、名前を早くつけてあげなければかわいそうだというチェイン。おじいさんはとっても嬉しそうでした。

チェヨンですが、引き続き、タヒョン兄と仲のよいふりをしています。遊園地へ行くことになり、気になるヒョンジュンはついてきます。
タヒョン兄は、家に預かっていた患者のユジンと姉も遊園地に連れて行きます。そうそう、ユジン、検査の結果、病気は完治したみたいです。再発の可能性があるのかな、定期的な検査は必要みたいですが。
ユジン姉が家を探して出ていくというのだけど、家族はこのまま一緒に家に住めばいいと言います。でも、ユジン姉は誰かに頼ると自立できなくなることを心配しているんですね。ユジン、若いのに本当にいい子だわ。

遊園地です。
ヒョンジュンはタヒョン兄とチェヨンが仲良くしているのががまんできず、タヒョン兄を慕うユジン(まだ子どもです)にじゃまをさせます。
ヒョンジュンの行動が見ていておかしかったです。ユジンは子どもながらにヒョンジュンの気持ちに気づいたみたいですね。最後、別れるときに「大丈夫よ」みたいなことをこっそり言っていました。

何かとアレコレ言うんだけど、素直にならないヒョンジュンに、チェヨンは何も思わないのか、何か言うことはないのか、聞きます。
そして、タヒョン兄とのことは芝居だったというチェヨン。ヒョンジュン、やっとみとめましたね〜。うまくいく二人ですが・・・。

家の前で、ヒョンジュン父に会います。雰囲気を察した父ですが・・・。

予告では父親が大反対していました。なんでだろう?? 問題ないと思っていたんだけどな〜。
|     イタズラなkiss、1%の奇跡 | 19:08 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 19:08 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック