【お知らせ】2017年2月、このブログを終了します。今後は、日々のできごとなどを書いている別ブログ「優しい時間(http://ameblo.jp/ksroom)でドラマの感想を書いていこうと思いますので、よろしければそちらをご覧くださいね(^^)
-----------------------------------------
韓国ドラマ、台湾ドラマの感想を書いています。感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性があるため、まったく参考にならないと思います。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆
<< 太陽に向かって 第8〜10話 | main | 太陽に向かって 第14〜16話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
太陽に向かって 第11〜13話
ソンミンとヘリンはとてもいい感じで、お互い思い合っている。先輩医師のスンハはなんとか二人を別れさせようと必死!
そんな時、ソンミンの職場の後輩から過去の事故話を聞き、ヘリンの元恋人ウジンが亡くなった事故にソンミンが関わっていることを知る。本当はスンハがウジンに睡眠薬を処方したことで居眠り運転となったことが原因のようだが(まだハッキリしてはいない)、これ幸いとスンハはヘリンに「ウジンの事故の原因はソンミンだ」と告げる。
ソンミンはあの事故を起こした車に乗っていたのがウジンだと知り動揺するが、周りのアドバイスも受け、自分から真実をヘリンに話そうとするが、その前にスンハが話してしまっていた。

とてもうまくいっていたのに、そろそろ何か起きそうと思っていたらやっぱりね。ソンミンは居眠り運転のように蛇行している車が事故を起こすと思って、助けるつもりでクラクションをならしたり、窓をたたいて起こそうとしたんだけど、結局、その車は事故ってしまった。ソンミンは救急車を呼びその場から立ち去ったのだけど、意識があったので、まさか亡くなっているとは・・。ソンミン、せっかく今からというときにスンハから変な感じでヘリンに伝わってしまって、かわいそう。
来週、ちゃんとヘリンにわかってもらえるかな〜。
|  た→太陽に向かって | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 23:15 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック