ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< ラブレター 第20話(最終回) | main | ふたりのお嬢様! 第2話  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
輪舞曲 第8話
画面が暗くて見えづらい部分が少しありますが、でも前回くらいからおもしろくなってきています。
前回、ユナや神狗のメンバーに追い込まれて、もうおしまい、というところを救ってくれたのは、なんとヨンジェでした。ヨンジェがどうもよくわからなかったけど、彼もまたモグラ…潜入捜査官だったんですね〜。琢己と同じモグラであることを告白し助けてくれました。誰も信じられないと思っていた琢己ですが、ヨンジェの言葉に嘘はないと感じたようで、本名を名乗り、自分も韓国人であることを告白。
ヨンジェは、ユナの妹を守ろうとする気持ちと琢己への気持ちは嘘じゃなかったと感じているようで、何かわけがあると思っているようです。

樋口監理官が殺され、琢己・・ショウに殺人容疑がかかり指名手配に。ショウが警察官である事実は、亡くなった伊崎のパソコンにしか残っていないらしく、あきらは必死でデータを探す。その頃、神狗でもユナに琢己のデータをすべて消すように命じています。
ユナは探し当てるのですが、それで琢己のすべてが終わると思うと消せなくて・・。やはり琢己を愛していたようです。父親の宋は、ユナの気持ちをわかったふりをして、宋の手でデータを削除。
探し当てたと思ったあきらはデータの消滅にハッキングされたと驚く。

ユニの転院先をみつけ、病院の屋上にいるユナに電話をする琢己、見つかったことを驚くユナは、琢己にユニには自分と父が神狗であることを秘密にして欲しいと頼む。

ユニがPCで楽しんでいるとき、メールが送られてくる。そのメールにより、ユニは姉ユナと父が神狗であることを知ってしまい、ショックを受ける。
ユニにメールを送った人間をつきとめようとするユナ、差出人のメルアドがショウになっており、驚きをかくせない。

ユニはショックを受けるが、それには何か訳があると思い、琢己に連絡。「お姉ちゃんを助けて欲しい」と言う。お店をしていた場所にユニは琢己宛に荷物を送り、それをあの店の前の八百屋をしている夫婦にお願いし、受け取る。この夫婦はショウのことを信じてくれているようですね。
その中にはユナへの手紙とユニの携帯が入っていて、ユニの携帯にはユナとの会話が録音されていた。

携帯に録音された音から遊園地だと感じた琢己は、遊園地に行く。そこにはユナがいて、二人は会う。
お互い、銃を向けあい、信じていたのに・・とお互い許さないと言う二人だった。

チェ・ジウが初めて銃を〜という記事が朝鮮日報に出ています。
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/03/03/20060303000040.html

ユニにメールを送ったのは琢己じゃないと思うから、誰かな、宋かな〜。琢己の警察官であることを証明するデータを消してしまったことといい・・。

ユナはユニを守るために、神狗を抜けられないような感じですね。何か事情がありそうです。

龍吾が今のボスということですが、何かそういう雰囲気が感じられないですね。宋の方が上手では?ヨンジェ、お金を持っていき、これからは龍吾にしたがうふりをしていましたが・・。

ところで予告では次回?韓国に行くようで・・。「朝鮮日報」の記事によれば、韓国での撮影、竹野内豊とシン・ヒョンジュン、仲良くなっていい感じだったみたいですよ。といっても、噂のある竹野内ホモ疑惑…それとは関係ないです。なんで、ホモ疑惑なんて出たんだろう・・。ブレンダとのつきあいはカモフラージュとか言われてるし。でも、何か根拠があるというわけでもなく想像という感じのようですが。

竹野内豊とシン・ヒョンジュンに関する朝鮮日報の記事はこちら
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/03/02/20060302000080.html
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/03/03/20060303000016.html
|   輪舞曲〜ロンド(2006) | 11:50 | comments(0) | trackbacks(6) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 11:50 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
TBS「輪舞曲(ロンド)」第8話:愛するが故の悲劇
琢己とユナ。互いに愛する思いが高まれば高まるほど、冷やかに見てしまう自分。ふたりのシーンには、互いに、伝えたい、分かり合いたいという思いが、希薄に見えるからです。
| 伊達でございます! | 2006/03/07 3:15 PM |
輪舞曲
 第8話{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}  キャー{/hearts_pink/}やっぱりヨンジェが仲間になってくれた{/ee_1/}{/kaeru_fine/}とっても心強いわ{/face_en/}{/kirakira/}  もこみち君がチェジウを脅してるなんて何だか変な感じ{/face_ase1/}しかしどうしよう、龍吾
| 私の趣味日記 | 2006/03/07 8:57 AM |
輪舞曲 第8話
 神狗だったユナ(チェ・ジウ)にだまされたショウ(竹野内豊)は構成員らに囲まれてしまう。殺されることを覚悟したショウは、ユナに「君が撃て!殺すなら、君の手で殺せ」と言う。  が、そのとき、何者かに助けられる。その助けた人物はヨンジェ(シン・ヒョンジ
| Charlie's マイペース雑記 | 2006/03/07 1:54 AM |
輪舞曲第8話 裏切り★
今まで、信じていたものが全て逆転してしまった。第7話。第8話でストーリーが急展開した。ショウの活躍で、東京湾にある船舶の中が偽札工場であることがつきとめられ、「神狗」のボス、風間龍一郎が逮捕された。これで、やっと表の世界に戻って、普通の警察官になれる
| ラスタ・パスタのレレ日記 | 2006/03/06 11:32 PM |
「輪舞曲〜ロンド〜」第8話『愛するが故の悲劇』
やっぱり橋爪さんが活躍すると見応えがある「輪舞曲〜ロンド〜」。 第8話『愛するが故の悲劇』 それにしてもまたベタな展開になってきました。
| 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 | 2006/03/06 7:42 PM |
輪舞曲−ロンド− #08 「愛するが故の悲劇」
神狗に囲まれる琢己(竹野内 豊)。ユナ(チェ・ジウ)は立ち去ろうとする。琢己「ユナ、君が撃て、殺すなら君の手で殺せ」ユナ「それが最期の願いなら、これがあなたの運命。これが私の宿命。さよなら!!」銃を構えるユナ。そこへ突然撃ち込まれる銃弾。
| テレビお気楽日記 | 2006/03/06 5:43 PM |