ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< ピーチガール〜蜜桃女孩 第7話 | main | ラブレター 第14、15話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
ピアノ 最終回(ノーカット版)
BS日テレの最終回では、大事な部分がカットされて、よくわからない終わり方になっていたので、最終回分だけDVDをレンタルして見ました。
ギョンホをかばってオッカンが撃たれた直後のシーンです。オッカンが夢の中にいるような感じで、生きるか死ぬかの瀬戸際の状態にあるときですね。

へリムのことを思いだし、ヘリムに会いたいと思っていたのに会いに来てくれなかったのは自分のことをそんなに思ってくれていなかったのかと思っていた、でも、考えてみれば会いたいと思うときはいつもそばにいてくれたと言い、あの家に引っ越してきたヘリムに似た感じの女性とのシーンが出ます。疲れたので休みたい(言葉は違うかも、そんな感じの意味)というオッカン、もう逝っていいかなと思うようで、スアとジェスのことも気になり、まだやり残したことがあれば逝けないんだけど、もう大丈夫かなと思いながら、息をひきとるオッカン。
このシーンがBS日テレではまるまるカットされていました。オッカンの気持ちがわかり、あの家に引っ越してきた女性のことがわかり、命を落とすとはいえ、感動的な終わり方になるはずのシーン。

なぜ、ここをカットしたのでしょうね。ここがなかったBS日テレは、あの家にはいったい誰が住んでいたんだ?と不気味な感じです。

BS日テレの最終回しか見られていない方はぜひレンタルして見てみてくださいね。
|     ベートーベン・ウイルス、ピアノ | 13:42 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 13:42 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック