ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< ピーチガール〜蜜桃女孩 第3話 | main | 輪舞曲 第4話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
グリーンローズ 第9〜16話
チン大人に事情を話したジョンヒョン、チン大人は今は時期ではないから3年自分の元で働くように言います。

チン大人の右腕として働くイ・ジョンヒョン、どんどん仕事で才能を発揮していきます。そして、いよいよ韓国へ行くイ時が・・。チン大人から『チャン・ジュンウォン』という名をつけてもらい、大陸公社の電子部門(?)の社長として韓国へ。チュンボクも理事として同行。

チャン社長に生まれ変わったイ・ジョンヒョン、すっごくかっこいいですラブラブ
大陸公社のイベントには、提携を結びたいと考える多くの企業が出席。提携を望むのは韓国だけとは限らないようで、日本や台湾からもアプローチがあるようです。もちろん、SR電子も出席。

そこで初めて姿を現すチャン社長。チャン社長をみて驚くSR電子のシン・ヒョンテ。チャン社長はあくまでもチャン・ジュンウォン、初めてのふりをしています。

ある日、SR電子のイベントにまねかれ、そこでスアに会うチャン社長。驚くスア、頭が真っ白、目がくぎづけです。心の中は動揺しているはずなのに、表面は普通に接するチャン社長。スアはジョンヒョンと感じるようで・・。

最初はジョンヒョンにそっくりの別人と納得するシン・ヒョンテ達ですが、そのうちイ・ジョンヒョンだとわかります。
スアは違うと言われてもジョンヒョンを感じずにはいられず・・。

チャン社長(ジョンヒョン)たちが韓国へ帰国したとき、チャン・ユランも一緒に帰国。ユランはチャン社長たち側なのですが、シン・ヒョンテのことも気になるようで、こっそり会い心が揺れていましたが、どんなことがあってもユランを責めず、いつもやさしいチャン社長に惹かれて行きます。

シン・ヒョンテといえばスアにプロポーズ。父である会長が意識不明になってからというもの、自分や会社を助けてくれたと思っているので、スアはプロポーズを受ける気持ちでいたのですが、チャン社長が現れたことにより動揺します。

チャン社長は無実の罪で有罪となった人を助ける弁護士を見つけ、自分のことを依頼します。当時、ジョンヒョンの有罪に納得できずにいた刑事はその弁護士と知り合いだったようで、再捜査に協力。

チャン社長・・ジョンヒョンの親友ドンウクを見つけ、彼も一緒にジョンヒョンのぬれぎぬをはらすため、いろいろ調べることに協力。

最初はシン・ヒョンテだけに目をつけていたが、調べるうちにソ専務も怪しいと感じてきたチャン社長や弁護士たち。

シン・ヒョンテがいろいろ汚いことをしていることは確かなのですが、会長を殺そうした犯人がソ専務なのかシン・ヒョンテなのか、この時点でははっきりしません。どちらにも思えて・・。どちらにしろ、ソ専務も何かありそうです。

チャン社長をジョンヒョンと気づいた誰かが、彼を襲撃。チャン社長のボディガード(秘書?)はチャン社長をかばって刺されます。チャン社長も刺されました。幸い、命には別状なかったですが。

3年間もどらなかった会長の意識が戻り始め、自分のぬれぎぬをはらすためには会長の証言が必要なため、喜ぶことなのですが、真犯人により殺される可能性があり、会長の身が危ないと思うチャン社長。会長を今の病院から安全な場所に移動させるべきと考えます。

そのためスアに自分がジョンヒョンであることをばらすしかなくなり、決断をするチャン社長。チャン社長はジョンヒョンとしったスアが、それを心の中にしまって普通に行動できるかどうかを心配していました。
自分自身、スアと知りながら、普通に行動するのがすごく辛かったから、スアにそんな思いをさせることを心配に思っていたようです。でも、ドンウクのスアは大丈夫だという言葉もあり、決心するチャン社長。

スアに会い、好きだった人の無実を今でも信じているかを確認し、そうであるなら真犯人がいるはずだと言います。SR電子内部に真犯人がいると考えたほうがいいと言うチャン社長。スアは考えもしなかったようで驚きますが、その可能性がないとは確かにいえません。
そうなると、記憶の戻り始めた会長の身が危ないと話し、会長のためにも場所を移したほうがいいというチャン社長。そして信用できる人間をそばにおくべきだと、その人間を推薦します。ドンウクの名前を告げるのでした。

チャン社長は自分がジョンヒョンであるという言葉はだしませんでしたが、ドンウクの名前を聞いて驚くスア、ジョンヒョンであることがわかったようです。今はそれを言葉にできないということも。


いよいよクライマックスに近づいている感じです。ここからどうなっていくのか、早く先が見たい〜。

それにしてもチャン社長、かっこいいです。とうぶん頭からはなれなくなりそうです。

|     クリスマスに雪は降るの?、グリーンローズ | 09:53 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 09:53 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック