ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 星の輝く夜 第16話 | main | BSフジで「グリーンローズ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
輪舞曲 第2話
(サイトより)
秘密組織「神狗」に潜入するショウ(竹野内 豊)のもとに、隠密に連絡を取り合う刑事・伊崎(石橋陵)から、組織の御曹司・龍吾(速水もこみち)の取り巻きの女性が行方不明だという情報が入る。

(サイトより)龍吾がその女性に関係していれば一気に神狗を追い詰められると、龍吾の身の回りを徹底的に洗う決意を固めたショウは、ユナ(チェ・ジウ)のもとを訪れ、自分が飼っている犬を預かってもらえないかと頼む。
初雪の日にショウに助けられて以来、日本語の勉強をするようになったユナは、ショウに日本語で感謝の気持ちを伝えようとする。
その後、ショウは龍吾の遊び仲間・雅人(ウエンツ瑛士)に疑いを持ちある作戦を企てる。
その頃、ユナのもとに再び神狗の手下・ヨンジェ(シン・ヒョンジュン)が現れる。すると、ユナの妹ユニ(イ・ジョンヒョン)に異変が起き…。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

う〜ん・・どうなんでしょうおや?
まあ、私は初回よりはたいくつしませんでしたが、ちょっと本筋がわかりにくいですね。死体を探しに行ったときなど、画面が暗すぎてどうなっているのかよくわかりませんでした。
それと、警察に捕まったはずの龍吾が釈放された理由もイマイチはっきりしないような・・。ショウが潜入捜査官であるように、警察にも潜入している人物がいるらしいですが(ほんとうかどうかはわかりませんが)、初めは警察側の人間だと思っていた石橋凌(役名忘れました)がいい人なのかどうかも??

チェ・ジウと竹野内のからみは早くもいいムードポッでわかりやすかったですが。

いろいろ事件やあり得ないことが起こったりとつっこみどころ満載の韓国ドラマと、緻密でつっこみどころの少ない日本のドラマですが、それぞれのわかりにくいところだけがくっついたような感じがします。

まあ、ドラマのストーリーはどうあれ、竹野内くんはどの場面を見てもかっこいですねラブラブ
他の方のレビューを読んでみても、ドラマの内容はともかく彼がかっこいいということで締めくくられているような感じです。
あと、あの犬、すごくかわいい〜ラッキー

2回目視聴率ですが、15%台に下がってしまいました。今回の内容が問題というよりも、初回にわかりにくく、それで見るのをやめてしまったんでしょうね。もう少し挽回してほしいな〜。
|   輪舞曲〜ロンド(2006) | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 22:48 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック