ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 祝! 東野圭吾 直木賞受賞 | main | チェオクの剣 第12話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
ピアノ 第11話
ジェスは過去の殺人事件がばれたことで、勤めていた病院の上司からやめて欲しいといわれ(前回)、考えた末、クミン病院で働きたいと思い、最初、先生に断られたんだけど、強引に来ちゃいました。
先生がジェスの父親オッカンが結婚するときに、心の花を咲かせろ、だったかな、何かそんなことを言ったのだけど、ジェス、先生がそんなことを言うから「ヘンなところに咲いた花の責任を取ってください」と言うんですね。
つまり、ジェスの心にスアを思う気持ちができてしまったことを言っているのでしょう。
ジェスは「先生は家族の証人だ」と。自分たちが家族であることを知っている人のそばにいることで、気持ちを抑えたいんだろうけど、でも、気持ちってどうやっても消せないよね。

先生の娘、看護婦なんだけど、ジェスと同じ病院に勤めていましたが、ジェスがやめさせられそうなとき、上司に抗議したことから、彼女もやめることになったようです。
彼女はジェスのことが好きなようで、二人のからみが出てくるのかな。あっさいしたいい子ですが、ジェスと進展するとは思えない感じです。

ある日、オッカンが家に帰ると、家には料理をつくるスアが・・。オッカン、本当にびっくりしています。オッカン、目の前の光景が信じられないような感じです。オッカンの嬉しさがよく伝わります。
「俺は怖い・・。目が覚めたら夢と消えそうで」と言うオッカン、スアを見て、ヘリムを思い出すオッカン、泣いています。ジュヒも泣いています。
スアの心は違うのですが、それをおさえるスア。

そこへジェスが帰ってくるのですが、ジェスもまた驚きます。オッカンとは違う感じです。無理して家族になろうとするスアの姿が耐えられないんですね。憎しみを糧にして生きていたスア、いっそのことその方がいいというジェス。

ギョンホは釜山に戻ってきました。
スアのところに(働いているCD屋さん)会いにいったんだけど、何年も姿を消していたのに、スアがそこにいるってどうして知っていたんでしょう?殺人事件のとき、まだ銀行じゃなかったかしら?
スアは、消息不明だったギョンホが現れ、ほっとしたのでしょうね。泣いていました。そこへ、ジュヒが来て・・。ギョンホはジュヒのこともかわいがっていたから、すごい顔で泣いていました。ジュヒも飛び上がって喜んでいました。この3人だけ見ると、仲のよい家族に見えるんだけどな。

毒蛇、ギョンホが戻ってきたことを喜んでいて、さりげなく?殺人の事実について脅します。でも、ギョンホはつかまってもいいようなことを言い、何をするか聞いてから引き受けるかどうかを決めると言います。

オッカンのつとめる元親分が経営するパン屋、いろいろなところから取引を打ち切られ、元親分、さすがにこれはおかしいと感じたようです。

ギョンホが戻っていると知り、オッカンとジェスは会いに行こうとしますが、父は行きづらく、外で待っています。
ジェスはスア、ギョンホ、ジュヒの3人がいるところへ入っていきました。嬉しそうに声をかけるジェス、「気にしていなかったのに・・」とジェス。ギョンホはジェスを見て驚き、その言葉にも切れかけています。
ギョンホじゃなくても、気にしてないと言われても気にするよ〜、ジェス、釜山に帰ったばかりのギョンホにいきなり会うなんて、ちょっと早すぎたのでは?ギョンホが「チビすけ、出てろ!」と怒鳴ったところで終了。ジュヒの前ではケンカをしたくなかったのでしょうね。

来週は大波乱のようです。大丈夫かな・・。幸せな日は来るのかな。
|     ベートーベン・ウイルス、ピアノ | 09:18 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 09:18 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック