ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 白雪姫 第12話 | main | ピアノ 第9話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
ピアノ 第8話
「ピアノ」ですが、現在視聴中のドラマの中で「白雪姫」の次くらいに気になってきました。

今回は最初の頃に見たシーン、最終回なのかなと思っていたけど、今回のシーンでした。スアが泣きながら走っていて、ジェスが警察に捕まるシーンです。

毒蛇の子分ソクチョルは何で懲りないんでしょう。ギョンホに何度もやられているのに手を出しちゃって。
スアの職場でじゃまをしに行ったソクチョルに腹を立てるギョンホ、毒蛇が「殴る価値もない」からほっておくように言ったのだけど、ギョンホ、自分の手で何かしないと許せないんですよね。かなり殴っていて、さすがのソクチョルも懲りただろうと思いきや・・。

ちょっと頭が悪すぎます。スアを連れ出して、倉庫みたいなところに連れて行きます。そして手をだそうとするソクチョル。
銀行のスアを好きなオ代理が見ていたんですね、それでジェスに連絡、ジェスはギョンホに会い、スアを探しに行きます。父親のオッカンも働いているパン屋の元親分(ハクス親分)に相談、親分はもうヤクザの世界からは離れているのですが、毒蛇のところに行きます。
本当なら毒蛇親分の子分であるはず、でも、元の親分のことを忘れてはないようで、元親分の方が人間できてるもんね。

ジェスとギョンホ、倉庫までは行くのですが、どこにいるのか、なかなか見つけられません。スアが前回狙われたことで心配したジェスはポケベルを渡していて、自分たちが探しに行っている間、元親分の奥さんにポケベルをを鳴らし続けるように言っておきました。
そのおかげで、ポケベルの音が聞こえ、居場所を発見。ギョンホとジェスでドアをつきやぶり、スアを助けます。
ギョンホは怒りが最高潮で、ソクチョルをひどく殴ります。そして、とうとう..。死んでしまった様子のソクチョル、動揺する3人。そこへパトカーのサイレンが聞こえ、ジェスはギョンホが殴った棒をとり、逃げるように言います。ギョンホ、どうしていいかわからないようでしたが、ジェスに押されて逃げるのでした。泣き叫ぶスア、ジェスが警察に連れて行かれましたポロリ

スアにジェスは自分のためにそうした、と言うのですが、ジェス、スアのためでしょうね。ギョンホが捕まるとスアが悲しむから、そんなスアを見たくなかったんだろうし。父親のオッカンも苦しむよね。ジェスは優しいから、人のためなんだけど、それは自分のためで・・。

スア、弁護士に今回のことは正当防衛だし初犯なのでそんなに大変なことにはならないと言われホッとします。スアは、ジェスのことについて聞かれたとき、いろんなことを話したのですが、その言葉はこれまでの行動とは裏腹に、ジェスのいいところばかり。ずっとジェスのことを見てきたんだな〜ポッと感じる言葉でした。

そして一気に9年後、2001年になります。
|     ベートーベン・ウイルス、ピアノ | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 17:18 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック