ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 白雪姫 第9話 | main | チェオクの剣 第8話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
ピアノ 第7話
日が経つとあらすじ書けないですね・・。

インソンくん・・じゃなかったギョンホ、すっかり毒蛇の仲間入りで、しかも他の部下より態度も地位(?)もすでに大きいです。
ケンカが強いし、度胸があるし、毒蛇に気に入られています。

スアはあいかわらずギョンホが心配でたまらないようです。ギョンホに電話だけでも家にするように言うのですが・・。

オッカンはスアやギョンホのことが心配でたまりません。ジェスはスアにはピアノをギョンホには大学に・・など、何回も父親であるオッカンに聞かされているのですが、ジェスのことは何も言ってくれないんですね。ジェス、オッカンに自分のことはどうなってもいいんだ、みたいなことを言うのですが、それでもひねくれることもなく、本当にジェスはいいヤツです。

オッカンが働いているパン屋のみんなもスアやギョンホのことだけでなく、ジェスのことも考えてやらなければ不憫だ、ジェスは子どもの頃から苦労してきているのにと言いますが、オッカン、生きている間はスアとギョンホのために、そして死ぬときはジェスのためだそうです。
ジェスは子どもの時、自分のようなものを父親だと向こうから来てくれた、ジェスとは一心同体(って言った訳じゃないけど、そんな意味だったと思います)だと言うオッカン。

ある日、ジェヒを公園で見つけ、声をかけるスア、そして喜ぶジェヒ。顔が汚れているのを見て家に連れて帰り、お風呂にいれてやります。ジェヒは本当に素直ですね、思ったことを口にするのですが、お姉ちゃんと一緒でとっても嬉しいらしく抱きつきます。スア、口ではいろいろ言っていたけど、やはりかわいく感じているようでした。

ジェスが迎えに来たとき、自分がジェヒを引き取って育てると言います。お風呂にも入れてやらない、あんな時間までほっているなんて!と。ジェスは確かにできてないことも多いけど、だからジェスを考えていないことにはならないと言い、ジェヒがいる限り、どうやっても自分たちは家族なんだと怒ったように言って帰ります。
ジェス、スアへの気持ちを意識し、姉弟の関係であることが苦しいんでしょうね。

最後はどうだったかな、忘れてしまいました。確かジェスが校門をでたら、毒蛇の部下がいて、何かたくらんでいるようでしたが。

インソンくんとコ・スくんが見れるというだけで幸せな気分になれるドラマです。もちろん、ストーリーも気になっています。
|     ベートーベン・ウイルス、ピアノ | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 23:28 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック