【お知らせ】2017年2月、このブログを終了します。今後は、日々のできごとなどを書いている別ブログ「優しい時間(http://ameblo.jp/ksroom)でドラマの感想を書いていこうと思いますので、よろしければそちらをご覧くださいね(^^)
-----------------------------------------
韓国ドラマ、台湾ドラマの感想を書いています。感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性があるため、まったく参考にならないと思います。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆
<< 「ミセンー未生ー」〜第4話 | main | 「ミセンー未生ー」〜第15話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
「ミセンー未生ー」第5〜8話
おもしろいですね〜。
これは年内にラストまで見ることができるかも!?

初めの頃は、コネ入社で学歴がなく何もわからないということで、グレだけが苦労が多くかわいそうなのかと思ったら・・

同期入社のみんな、配属された部署では思うようにならず、みんな辛そうですね…。
アンに対する上司の言葉や対応、ひどすぎです! チャン・ベッキは仕事をもらえず、ほったらかしにされてるし。
ハンくんは現場が好きなのに中の仕事で慣れないようですね。でもまあ、アンちゃんとベッキに比べたら、元気そうにしてるから大丈夫なのかなー。
グレは、いろいろが言われたことをコツコツがんばっていて、それが少しずつよい方向へ向かっているようですね。
囲碁を習得していくなかで、指導してくれた先生?プロ?の言葉を思い出しながら、仕事に活かしていっています。

人はいいけど、良すぎてうまくいかない上司の取引先に同行し、グレの言葉で思わぬ展開に!
ベッキも同行してたけど、無駄と思って早々と帰ってしまい、グレだけがのこったのだけど、まさかの展開で重要な会議にまで一緒にでることになり…。
ベッキとしては、自分より劣っていると思っているグレが人を動かしたり変えていく状況に、グレには自分とは違う何かがあるのかもしれない、とは思わないようです。

ここまで書いてから、7、8話を見たのですが、ベッキの上司が仕事を与えなかったのは単なる意地悪ではなかったのですね!
上司の言葉とベッキの返事に、ベッキが上司の言葉の意味を理解できないうちは、うまくいくはずないなーと感じました。

一方、アンはホントに気の毒でかわいそうなのですが、財務部長で保留となってしまった案件を通したことで、また上司に嫌味を言われていたのだけど、ここで、気持ちを切り替えたようです。
上司をたて、雑用をするというアンに、上司は逆に動揺していました〜。

専務って、どういう人なんでしょうね。あまりいい印象がないのだけと、グレは専務のコネのようだから、何かしら関係があるのだろうけど。

明日からの平日はなかなか時間がとりにくいのですが、少しずつでも続きを見ていきたいなーと思います(^^)

|     ミセン、魔王 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 23:19 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック