【お知らせ】2017年2月、このブログを終了します。今後は、日々のできごとなどを書いている別ブログ「優しい時間(http://ameblo.jp/ksroom)でドラマの感想を書いていこうと思いますので、よろしければそちらをご覧くださいね(^^)
-----------------------------------------
韓国ドラマ、台湾ドラマの感想を書いています。感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性があるため、まったく参考にならないと思います。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆
<< いとしのソヨン 第9、10話 | main | いとしのソヨン 〜第17話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
いとしのソヨン 第11、12話
展開が早いというのか、なかなか話が進まない・・ということがないのもいいですね。
11話の初めでは、いきなり、結婚してしばらく経っていて、あれっ?と思いましたが、12話の初めに、ソヨンたちの結婚式でのソヨン父の様子がありました。ショックだったでしょうね、でもそれで悪い方にはいかず、お父さん、堅実に働くことになったようで、いまは生き生きしていますね!

サンウには、ソヨンの結婚に気づいたことは離さず、サンウのソヨン留学話に話をあわせていました。サンウも結婚のことは聞かされてないと思ってるのでしょうね。

毎月、お父さんは登山に行くといって外出しているようですが、サンウはいい人でもできたのかなと思っていて、ですが、実は、ソヨンたちの様子をこっそり見に行くことが目的だったのですね。親心ですね。2人が・・ソヨンが幸せそうな様子を見ると、お父さんの表情もやわらいでいました。

ソヨンは・・完璧な嫁?というか女性としてソツなく過ごしているようで、ウジェ母はおもしろくなさそうです。文句のつけようがなく、でも不満はあって。2人の仲のよい様子に、自分と夫との関係を比べてしまうようです。
あのお父さん、ちょっとひどいですよね、もう少しお母さんに優しくしてあげてもいいと思うのだけど。恋愛したわけではなくても、長く一緒に過ごせば情もわくのではないかと思うのだけど、それもなさそうで。
でも、嫁いびりとかはなく、いまは、みんな平和に暮らしています。ソヨンはどうなのかな、父親のこと、考えることあるのかな〜。

ここにきて、ウジェと結婚したかったミギョンの友人。。名前忘れたけど、彼女が帰国?してきて、まだウジェをあきらめていないらしく、何かたくらんでいる様子。いまは判事のソヨン、本当は弁護士になりたかったのですが、その彼女が弁護士の友人に頼んで事務所にソヨンをスカウトしようとしています。

それから、12話の最後では、ウジェが車にはねられそうなところをソヨン父がかばって車にはねられていましたね。よく見てなかったけど、これはいったいどうなるんだろう、、、。

あっサンウとミギョン、いつのまにかつきあっていました。ミギョンはサンウに孤児だと言っていて、本当のことを言ってなかったことを悔やんでいるようです。結婚を意識し始めたこともあり、事実を伝えることに悩み中のようです。

ソンジェは、音楽の勉強?役者?大学に行きながら、やりたいこともがんばっているようですね。
気になるのは、ウジェ父の会社のユン室長、、ではなくまは理事? 彼女は以前からソンジェを気にしていて、今回、ソンジェをみて涙ぐんでいたのだけど、ソンジェの母親みたいな流れを感じるのだけど。ソンジェには出生の秘密があるのかな、母親が自分の子と信じているように見えるのだけど、よくわからない感じです。

そうそう、留学させられていたホジョンも帰国しました。そして、サンウのいる病院でボランティアを始めたようです。

これからそれぞれどうなるのかな・・。早く続きが観たいです。
|     いとしのソヨン、威風堂々の彼女 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 23:53 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック