ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< チェオクの剣 第6話 | main | 星が輝く夜に 第11話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
チャングムの誓い 第10話
(NHKサイトより)王はクミョンとチャングムの作った冷麺に満足し、王の護衛部隊として同行していたチョンホも二人の活躍を知る。チョンホはチャングムに声を掛け、クミョンは自分の憧れの人チョンホとチャングムが旧知であることを知る。
(NHKサイトより)食材の管理を怠った罰として退膳間(テソンカン)への出入りを禁じられたミン尚宮(サングン)らに代わり、チャングムが退膳間(テソンカン)の手伝いをすることに。退膳間(テソンカン)のどこかに母の料理日誌が隠されているとあって、チャングムは浮き足立つ。何かと口実を作っては退膳間(テソンカン)に出入りするチャングムの様子を怪しむヨンセン。

一方その頃、チェ一族はある陰謀に加担していた。チェ尚宮(サングン)はクミョンにその実行を命じる。懐妊している妃のお腹の子供を女の子に変える呪いの札を退膳間(テソンカン)に隠すのがその役目だった。

ところがクミョンが隠したはずの呪いの札が明るみに出、チョン最高尚宮(チェゴサングン)が調査を開始、夜中に退膳間に出入りしていたチャングムに、その容疑がかかる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

実はチャングムは、こっそり母の残したノートを探していた。親友なのに何も話してくれずチャングムの行動を不信に感じるヨンセン、こっそり隠れて何をするか見ようとしていた。そこへクミョンが何かを(呪いの札)かくそうとしているところを見て、クミョンが去った後、チャングムに話す。それを取ろうとしているとき、チャングムはノートを見つけるのだった。

呪いの札を持ってきたのがチャングムだと疑いをかけられるが、ノートのことは話せずにいた。疑いを持たれ正直に話すまではと食べ物も与えられず、でも、本当のことが話せずにいるチャングム。すっかり弱ってしまって・・。

チャングム、大ピンチ!
|     チャングムの誓い(〜14話) | 00:57 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 00:57 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック