【お知らせ】2017年2月、このブログを終了します。今後は、日々のできごとなどを書いている別ブログ「優しい時間(http://ameblo.jp/ksroom)でドラマの感想を書いていこうと思いますので、よろしければそちらをご覧くださいね(^^)
-----------------------------------------
韓国ドラマ、台湾ドラマの感想を書いています。感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性があるため、まったく参考にならないと思います。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆
<< 晴れのち女神が微笑んで 〜第9話 | main | 晴れのち女神が微笑んで 〜第15話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
晴れのち女神が微笑んで 〜第12話
★★★★★★★★☆☆ 

マイクを久々に(?)見て、あいかわらずかっこいいな〜と(*^_^*) 
昨年は台湾ドラマをあまり観ていないこともあり、特に誰が好き・・とかあまり思わなかったのですが、少し気持ちが盛り上がりつつあります。


メイラーもかわいそうですが、イーリエもかわいそうで涙が出ました

母親がイーリエを嫌う理由が今回わかったのですが、イーリエも被害者のようなもので、あんなにまでイーリエを否定しなくてもいいのではないかと・・。

イーリエの彼女を実家に同居させていた時期があるようで、その結果、イーリエの彼女と父親が恋愛をしたようです。それで、お父さんは出て行ったのですね・・。

お母さん、ショックだったのはわかるし、イーリエが彼女のことをあきらめて同居させなければそんなことにもならなかったわけだけど、イーリエをあんなにまで非難するのはひどすぎじゃないかな〜。
イーリエだって裏切られて傷ついただろうし、そのうえ、母親にあんなふうに思われて、イーリエも泣きそうで。。というか、涙ぐんでました。

イーフォンの母親はメイラーが戻ってくれたらイーフォンもきっと・・と言ってたけど、イーフォン自身もシュエンシュエンを選んだのだから、誤解とか気の迷いというのではないですし。
イーフォン、やっぱり言ってたけど、メイラーはひとりでも大丈夫だけどシュエンシュエンには自分がいないと・・みたいなこと。

イーフォンの母親は、メイラーが戻る気がなさそうなことやイーリエと交際しているかもしれないことから、急に態度を変え、強気に出てきました。
イーフォンを守るためなんだけど、店をメイラーにとられたら・・って。もちろん、メイラーはそこまで考えてはないのですが・・。

だけど、あの店って、メイラーがいないとオープンできなかったわけで、、シュエンシュエンもイーフォン母親もメイラーがイーフォンのものをとるんじゃないかのような言い方ですよね。
しかも、メイラーのつくる食パンが売りだったわけで、メイラーがいなくなったら、長くは続かないんじゃないかな。

メイラーの母親は、特にメイラーを責めたりしていないのがまだ救いです。お兄ちゃんは、からまわりばかりしているけど(よけいなことも)(^^;)、でも妹のメイラーのことを守ろうとしている気持ちは伝わります(^^)

今は、シュエンシュエンがマスコミにイーリエのことをリークしたせいで、大騒ぎになってしまっていて、まだまだ大変そうですが、どうおさまりがつくのか気になるところです。

|     晴れのち女神が微笑んで、薔薇之恋 | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 00:31 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック