ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 王子様の条件 第19〜23話 | main | イベントご案内<10/7★札幌★> 不妊の悩みや思い等、一緒におしゃべりしませんか? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
女の香り 第1,2話
★★★★★★★★☆☆ 

評判通り、おもしろそうです。

キム・ソナ、痩せましたね〜。確かにあの感じだと、どこか体が悪いのでは?と思ってしまいます。
10kg以上、痩せたと何かで見ましたが、さすが女優さんというか、すごいですね。

ヨンジェ(キム・ソナ)は旅行会社につとめていましたが、雑用を押しつけられたり、上司にはいいように使われたり、苦労も多かったみたいな感じでした。
あの上司、本当に嫌な感じでした。自分もたいしたことないのに偉そうにして、ヨンジェが退職願を出すときの言葉を聞きながら、本当にひどいやつだわ、と思いました。同僚の女の子も感じ悪かったけど。

最後に引き受けたガイドの仕事は、有名人で気むずかしそうな男性のガイドで、あれはひどかったですね。誰が引き受けてもうまくいかなかったような気がします。
ヨンジェの運も悪かったと思うし(予約していた料理屋がダメになったこととか)、ウィルソンも気むずかしいだけでなく、人間的にも問題あると思う。関係していたセギョンもすごく嫌な女性ですね。

指輪がなくなったことで、ヨンジェを犯人扱いするセギョンとウィルソン。演奏会に出る予定が起こって帰ってしまったけど、空港のチェックでピーって鳴り、自分のポケットに指輪が入っていました。でも、ちゃんとそのように会社に連絡してくれなかったということですよね、あのセギョンの感じでは。
ウィルソンも、罪のない人を犯人扱いし、演奏会の仕事をキャンセルして帰ったわけですから、いまさら言えなかったのでしょうね。

指輪のことで犯人扱い、ちょっとした事故で検査をしたら胆のうガンが見つかり余命6か月。
これまでいろんなことを我慢してがんばってきたのに、会社ではそんな状況で、とうとう切れたヨンジェは、退職願をたたきつけました。

セギョンとカン・ジウク(イ・ドンウク)は、お嬢様とおぼっちゃまで、どちらもお金持ち。二人は政略結婚させられることになっていますが、その辺は割り切っているようで断る気もないらしく、でもお互い相手を思う気持ちはなく、それもお互い知っています。

カン・ジウクはすべてのことに無関心で、セギョンは自分の仕事が一番大事みたいで。そんなセギョンも好きな人はいたみたいだけど、お金目当てだったことがわかり、そのことはかわいそうでした。

いろいろあって、ヨンジェは初の海外旅行へ行くことに。一人で沖縄へ。
一方、カン・ジウクも仕事で沖縄へ。そこで二人が仲良くなるみたい。続きが楽しみです。

ヨンジェの病気、ホントにダメなのかな・・。医師は小学校の同級生の男の子で、ヨンジェがからかっていじめていたっぽいですね。性格ひねくれていそうな感じで、ヨンジェへの言葉も冷たく、ガン患者へ話をしているとは思えないような感じで、ヨンジェは彼に怒り、泣きながら出ていくのでした。
あの医師、いまはヨンジェを過去の悪い思い出のせいか関わりたくなさそうですが、これからヨンジェと関わることで、変わっていくのかな。

病気のこととか、ヨンジェの仕事のこととか、泣ける場面も多かったですが、重たい感じではなく、内容もおもしろそうです。
|     女の香り、オンエア | 00:15 | comments(2) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 00:15 | - | - | このページのトップへ
こももちゃん、お久しぶりです。
いつもコメントありがとう(^^)/

ドンウク、そうなんだね〜。確かにそんな感じではあるね。ドンウクのドラマって、私が見たのは「マイガール」や「島の村の先生(?)」以来かも。

ドンウクの「強心臓」は見たことないよ。今度、機会があったら見てみるね〜。
| kazune | 2012/09/18 9:32 PM |
見ましたよ〜!
ほんとすごく細くなって羨ましい^^
内容もまぁ色々考えさせられ、でもどこかさらっとしていい作品だったと思います☆☆
どっちかというとドンウクが調子悪っぽい・・ふふふ。

でも「強心臓」見た?
MC頑張ってて可愛いよ〜!!
| こもも | 2012/09/17 11:37 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック