【お知らせ】2017年2月、このブログを終了します。今後は、日々のできごとなどを書いている別ブログ「優しい時間(http://ameblo.jp/ksroom)でドラマの感想を書いていこうと思いますので、よろしければそちらをご覧くださいね(^^)
-----------------------------------------
韓国ドラマ、台湾ドラマの感想を書いています。感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性があるため、まったく参考にならないと思います。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆
<< 赤と黒 第2〜4話 | main | 最高の愛〜恋はドゥグンドゥグン〜 第1、2話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
赤と黒 第5〜8話
★★★★★★★★☆☆ 

週末に少し続けて観ました(^^)
日本でテソンとジェインが知り合うんだけど、いろいろあって、テソン、ジェインのことが気になり始めたようです。

ジェインは、お金に苦労しているから?お金持ちの息子と結婚したいという思いがあるようで、そういう意味でテソンには近づきたくて、最初はゴヌクをテソンと思い近づいたのだけど実はテソンじゃなくて・・。日本では本当のテソンと知り合うわけだけど、テソンの言動や行動に、振り回されるジェイン。

シン夫人に頼まれていた「ガラスの仮面」を手に入れるために日本に行ったのに、テソンに奪われてしまいます。テソンは、自分に愛情を向けてくれない(血のつながっていない)母親を困らせたいがために「ガラスの仮面」を手に入れます。

その「ガラスの仮面」をシン夫人の前で壊したテソンに怒り頬を叩いたジェイン、そんなジェインを何様のつもり・・という感じでジェインの頬を叩いたシン夫人。

それを見ていたテソンは、少しでも自分を息子と思っての行動かと期待したようですが、シン夫人はそういうつもりではなく、それぞれの立場を考え身の程をわきまえるべきだという、ジェインを見下しての行動でした。

テソンの気持ち、今になってもシン夫人に期待する気持ち、よくわからないな〜。子どもの頃やもう少し若いときなら母親の愛情を期待する気持ちが出てくるのもわからないでもないけど、テソンくらいの年齢になれば、シン夫人がどんな人間かわかるだろうし、もう期待することもなくなってしまうんじゃないかと思うのだけど。

テソン、シン夫人への反抗目的だった行動がジェインを傷つけることになってしまったのは、気にしているようです。
だけど、そんなジェインをなぐさめているゴヌクを見て、とってもイライラしてしまいます。ゴヌクはジェインにキスしちゃったしね。ジェインは、ゴヌクまで自分をからかうのか、と怒って行ってしまいましたが、ゴヌクは心配でずっと後をついていくんですよね〜。

テソンは、ジェインに謝りたい気持ちがあるのか、なんとか話をしようとするのですが、ジェインはそんな気もないようで。
あまりのしつこさに、食事につきあったジェイン。そこで、席をはずしているとき、たまたま来ていたシン夫人・・母親の言葉にテソンが傷ついているのをみて、ジェイン(それを見ていたとは言わず)、普通に話すことにしたようです。

テソン、その変化に疑問を持ちますが、ジェインは空腹だから・・と。そんなジェインの言葉をそのまま受けとめ、優しくなったジェインに嬉しそうなテソンでした。

それにしても、シン夫人、何から何まで嫌な感じです。父親は優しそうに見えるけど、どうなのかな・・。
長女テラは暗い感じですが、ゴヌクに惹かれているようですね、表向きは怒っているんだけど。

家族にゴヌクが好きだと行ってるモネは・・いわゆる我が儘なお嬢様って感じで、自分の気持ちだけで行動している感じ。ゴヌクも自分を好きだと信じて疑ってないようで。

このドラマのなかで、一番、性格良さそうなのは、ジェインの妹かな。
からっとして、元気でおもしろいです。ゴヌクと知り合うのだけど、ジェインの妹、お姉ちゃんにどうかな、って心のなかで思ったのかな、と感じる場面がありました。

明日も続き、観れるかな・・・。
|     赤と黒、ある素敵な日 | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 00:13 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック