ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 星が輝く夜に 第10話 | main | ピアノ 第5話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
チャングムの誓い 第9話
(NHKサイトより)女官正式採用をかけた料理試験の結果、首席はクミョン、支給されたもの以外の食材を使ったチャングムは落第を言い渡された。そこへ試験の見学に皇太后が現われる。
(NHKサイトより)チャングムの料理を味見した皇太后は、その味だけでなく、代用の材料を選び出した機転と知識に感心し、チャングムの落第を取り消させる。晴れて女官となるチャングムに、ハン尚宮(サングン)はお祝いとしてあるものをプレゼント。トックの妻は里帰りしたチャングムに「母代わり」として訓示。チャングムは母の墓参りを済ませ、宮廷に戻り女官としての生活を始める。

その頃、追っていた女密偵が捕らえられチョンホが聴取。女密偵から、自分の怪我の手当てをした女性が錦鶏を持っていたことを聞き出したチョンホは、錦鶏を手がかりに、自分の命の恩人を見つけようとする。

王の狩りに同行し、野営の水剌間(スラッカン)で食事を作ることになったチャングムたち。しかし味見をしたハン尚宮(サングン)らが倒れてしまう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

クミョンとチャングムで料理をつくるように言ったハン尚宮、不安な二人だったが、二人を信じると言ったハン尚宮の言葉を受けて、料理にとりかかる。そこに「冷麺が食べたい」との王からの連絡が入る。あわてる二人。だしをどうするか悩んでいたが、チャングムの思いつきで(おいしい水を汲みに行った)、なんとかつくることができ、無事、王の料理を作ることができた。もちろん、結果もチョキ
|     チャングムの誓い(〜14話) | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 09:37 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック