ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< blog: 「スターな彼」 〜11話 | main | blog: 「善徳女王」  第60話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
blog:「スターな彼」 第12,13話
 ★★★★★★★☆☆☆  

いろいろわかってきそうな感じです。
ボーイエがチンシォンへの借金取りに捕まり、800万元を要求されます。殴られたり、とっても心配な状況で、友人のカーファンは、レストランでダーシンにお金をなんとかしてくれるようにお願いします。
だけど、ダーシンはお金を持っているわけではなく、あれはウェイリーが・・と伝え、ウェイリーには頼めないと言います。
そこでウェイリーの個人のお金だったとは思わないようで、カーファンはウェイリーが宝くじで換金したお金を持っていると思ったみたいですね。
結局、今回は、あのシェフ?が姉?(ウェイリーの母親)に電話して自分の相続分がどうこうと言い800万元を準備しました。

とはいえ、簡単に助けられるわけでもなく・・。
ダーシンはカーファンと作戦を立て、タクシー仲間の協力もありボーイエを助け出したのですが、ボーイエもだけど、ダーシンもボーイエをかばって殴られ、女の子なのに顔に傷が・・。

ボーイエは気を失いかけながらも、ダーシンが自分をかばってくれたこと、ダーシンの言葉とかを覚えていて、少し気持ちが動いたように感じました。ボーイエからダーシンへのキス、この前のキスとは違い、心からのものじゃないかな〜。

カーファンに、もうダーシンからお金をとろうとは考えないみたいなことを言っていて、カーファンも好きになったのか?みたいに言ってたけど。

肝心のチンシォン、どこに隠れてるんでしょう。ボーイエのためもあったのかもしれないけど、借金取りに追われるいまの状況はやっぱりチンシォンの問題だと思うんですよね。こういう性格だと、借金を返してもまた同じことがおきそうだし。


ところで、ウェイリーですが、ダーシンを振り向かせたくて、突然、御曹司として正体をばらすのだけど、ダーシンがそれを喜ぶはずもなく、かえって悪くしてしまいます。
そのうえ、ダーシンに、ボーイエが好きと聞かされ、なんとなくわかってはいてもショックを受けるウェイリーでした。

そうそう、ダーシンの父親探しの件、やはりウェイチェンの父親がその人っぽくて、ウェイリーがそれに気づきます。ウェイチェンとお見合いしたことで、父親に会い、ダーシンの父親の写真と同一人物だと気づきます。
それで、ダーシンには本当のことは黙っていて欲しいと言われましたが、偶然会えるようにダーシンを呼び出すウェイリー。

次回はいよいよダーシンと父親が出会うようですが、予告の感じだとなんとなく父親も気づくのかなと思ったのだけど・・違うかな。

それより、ボーイエの仕事、アダルトビデオっぽかっかったですね。またいろいろ起きそうです。
|     スターな彼、スウィートラブ・シューター | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 20:40 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック