【お知らせ】2017年2月、このブログを終了します。今後は、日々のできごとなどを書いている別ブログ「優しい時間(http://ameblo.jp/ksroom)でドラマの感想を書いていこうと思いますので、よろしければそちらをご覧くださいね(^^)
-----------------------------------------
韓国ドラマ、台湾ドラマの感想を書いています。感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性があるため、まったく参考にならないと思います。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆
<< blog: 僕の妻はスーパーウーマン 第14,15話 | main | blog: 「イ・サン」 第73話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
blog: 「善徳女王」  第59話
★★★★★★★★☆☆ 

58話を見たのは12月中旬、やっと59話を見ました。62話のラストまで、なんとか今週中に見終わりたいと思います。
ピダム、なんだかかわいそうでした・・。

ドラマ途中、ピダムに対しての気持ちが下がることがあり、やっぱり誠実なユシンやアルチョンのほうが好きだな・・と思っていました。

特別にピダムに思い入れがあるわけではないのだけど、今回の件は、ピダムの考えたことではなく、ピダムを王にしたいと考えるミセンやハジョン、チュジン公などのたくらんだことで・・ピダムはハメられてしまったようです。
それでもトンマンを裏切る気持ちのないピダム、トンマンへの気持ちは本当なんだな〜とあらためて思いました。

ユシンやアルチョンは多くを語らないのですが(ピダムに対して)、若いチュンチュはピダムの行為を反逆だと考え、許せないみたいでした。そう思うのが普通なのでしょうが・・。
だけど、トンマンはピダムの言葉に、信じる、と言っていましたね。

それはそうと、トンマンのこと、急にトンマンは病気なの?と感じる場面が・・。アルチョンに何か伝えていたような気がするし・・。ラストに向けて伏線でしょうか。ちょっといきなりな気がしたけど・・。
|     善徳女王、純情 | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 23:20 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック