【お知らせ】2017年2月、このブログを終了します。今後は、日々のできごとなどを書いている別ブログ「優しい時間(http://ameblo.jp/ksroom)でドラマの感想を書いていこうと思いますので、よろしければそちらをご覧くださいね(^^)
-----------------------------------------
韓国ドラマ、台湾ドラマの感想を書いています。感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性があるため、まったく参考にならないと思います。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆
<< blog: 「善徳女王」 〜46話 | main | blog:2010年に視聴したドラマ&来年は・・ >>
blog: 「善徳女王」 〜54話
★★★★★★★★☆☆ 

多忙で、この10日間くらい全然見れなかったのですが、昨日、久々に見ました(54話)。
ユシン、危ないところでしたが、無事でよかった(^^)

このドラマ、ずっと見ていると、やはりユシンが一番誠実でトンマンにお似合いだと感じています。
ピダムのこと、途中、これから変わるのかなと思ったりしたこともあるのだけど、ミシルが自害してからのピダム、あまり好きになれません。ピダムの気持ちもわからないでもないけど・・。
トンマンがピダムに惹かれているかのような発言をすることがあるけど、それが本心であれば、いまの描き方はわかりづらいかな。トンマンは、ユシンを想っているように感じてしまいます。まあこれは、どこに目線をおくかで、人によって感じ方が違うのかもしれませんね。

アルチョンは、前半ほど目立たなくなったけど、でもずっと変わらぬ位置にいる、というか、いまでもけっこう好きです。 

上記3人の男性とは全然違うのだけど、チュクパン、和みますね。もともと表情が優しいので、すっかりいいおじさんという感じで〜。チュクパンと仲良かったコドでしたっけ?あるときから突然、真面目なカタイ人になったけど、理由、結局なんだったんでしょう? そんな説明あったようななかったような、見逃してしまったのか・・。

トンマンだけでは難しいと思えることも、チュンチュが味方にいるから、少し安心できます。みんなと並ぶと、まだ幼さ・・というか若いな〜と思うけど、チュンチュは頭がいいんでしょうね。最初の頃の変人ぶりは見られなくなり、すっかり、いい人になってます。

顔の好み・・ということでは、ヨンチュン(ト・イソン)、好みのタイプです。
あと、ミセンの息子・テナムボ(リュ・サンウク)、よく失敗ばかりしていましたが、彼もちょっとかわいいな〜と思って見ていました。

もちろん、ドラマそのものがおもしろくて見ているのですが、プラス好みの俳優さんが出ると、気持ちがupします(*^_^*)

62話までなので、年内には見終われそうな感じです。がんばります。
|     善徳女王、純情 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 23:22 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック