【お知らせ】2017年2月、このブログを終了します。今後は、日々のできごとなどを書いている別ブログ「優しい時間(http://ameblo.jp/ksroom)でドラマの感想を書いていこうと思いますので、よろしければそちらをご覧くださいね(^^)
-----------------------------------------
韓国ドラマ、台湾ドラマの感想を書いています。感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性があるため、まったく参考にならないと思います。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆
<< blog: 「イ・サン」 〜59話 | main | blog: 「スターな彼」 〜6話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
blog: 善徳女王 〜20話
★★★★★★★★☆☆ 

おもしろいです! いつも気になるところで終って続きが見たくなり、我慢するのが大変です。一昨日だったかな、12時過ぎていたのに続きが気になりやめられず、寝るのが1時半ゴロに・・。睡眠が4時間未満になり、やっぱり12時過ぎたら我慢しないといけない、と思ったのでした。
トンマンが女性とばれていないことが、ずっと不思議だったんですよね。もちろんドラマだから・・というのはあるのだけど、コーヒープリンス1号店などと違い、郎徒だから訓練とか練習があるし、みんなと同じ部屋で寝てるし、女の子の日もあるだろうし、誰も気づかず、大人になるまで過ごしてきたのは、すごく不自然に感じました。

だけど、やっぱりそれは違ったんですね、なんとユシン郎、気づいていたんだって。それで、みんなにトンマンは体に傷があるから見せたくないんだ、からかうな、みたいなことを言っていたようで・・。

ユシンは、チョンミョンのことを好きになるのかな〜と最初は思っていたのだけど、トンマンのことを好きなのかな、チョンミョンに言われて面倒を見てきただけでなく、今回、いろいろあってトンマンのことを恋愛感情で(女性と気づいていたわけだし)みているのかな、と感じました。

チョンミョンのユシンに対する様子、これもまた微妙で、チョンミョンってユシンのこと、信頼する部下以上の気持ちもあるのかな・・と、ちょっと思いました。

それにしても、ミシルはすごいですね。本当に魔女のようだ、と思ってみていたけど、あの表情はなんともいえません。ミシルのインパクトが少なかったら、このドラマは盛り上がりにかけたでしょうね。

アルチョンですが、顔はそんなに好みじゃないのだけど、かっこいいですね。男らしくサッパリとしていて、ユシンより気になります。
ユシン役のオム・テウンは、「復活」など演技でかっこよく見えるタイプだと思うので、花郎のユシン役はちょっと違うかな〜。気持は入るし悪くはないんだけど、見た目?の問題というか・・。


・・と、役柄の話になってしまいましたが、ドラマ、一気に展開してきています。

トンマンが女性であることがわかるとともに、トンマンがチョンミョンの妹であることがわかります。チョンミョン、ユシンが気づき、そして、母親の皇后、トンマンも知ることになります。

やはり皇后は母親なので、自分の娘がかわいいようでトンマンのことを思う気持ちがうれしかったです。皇后が、陛下のlこと、「母親と父親では・・しかも王であることから、気持ちが違う」と言っていたこと、そうなのかな、やっぱり・・。ウジェ(だったっけ? 陛下のそばにいる人)もヨンチュンも?、トンマンを生かすことはできないと思うのでしょうね〜。

そんなトンマンが身分を取り戻せるのはいつになるんでしょうね。いまの状況だと命が危なくて、とても無理!という感じですが・・。

これからの展開が気になりますが、寝不足にならない程度に見たいと思います。
|     善徳女王、純情 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 23:52 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック