ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< blog: 「イ・サン」 50話 | main | blog: 秋のコンチェルト 第7話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
blog: 「華麗なる遺産」 第15〜18話
★★★★★★★★★☆  

ファンがずいぶん変わってきましたね。18話では、ファン(スンギくん)がかっこよく見えてきました(*^_^*)
ファンがウンソンを意識していること、とうとう、 ジュンセやスンミにまでバレてしまいました。
ジュンセが最初に気づき、本人に向かって指摘、それを偶然に聞いたスンミは驚き、二人の仕事をしている様子を見ているうちに、ファンがウンソンを好き、と確信したようです。

ファンといえば、ずいぶん人が変わってきて、職場のみんなも家族も驚くほど。
そして、ウンソンもファンと接していくうちに、ファンの変化に気づき、意識し始めています・・というか、もう好きだよね、たぶん。

ウンソンのなかでは、ファンにはスンミがいると思ってるので、気持ちにブレーキかけているようですが、友人のヘリに指摘されて、自分の気持ち、少し気づきそうな感じでした。

スンミは、ファンの気持ちを知り、ウンソンが気づく前に、ウンソンに恩をうって(ウヌを探す)、たとえウンソンの気持ちが動いても、ウンソンの優しさからファンにはスンミがいると身をひいてくれるよう、一生懸命だったのだけど・・。スンミ母は、そういうわけにはいかない、という感じで。

そして、ウンソン父、スンミ母の言葉でソウルから離れようとしていたのだけど、偶然、バスに乗っているウンソンを見てしまい、たとえスンミの母がなんといおうと、ウンソンに直接に話を聞くまでは・・と、ソウルから出ないと言い始めて、スンミ母は動揺。

ウヌですが、あのバー、ファンの行きつけのところでしたね。そこでウヌがピアノを弾いています。ファンのお友達みたいなバーの彼が、ウヌの面倒を見てくれています。
だけど、ずっとウヌには付き添えなくて、ファンにウヌを頼むようになるんです。最初は面倒そうなファンだったけど、なんだか仲良くなってきてるんですよね〜。ウヌ、ファンに心を開くのは早かった気がします。ウヌと名乗ってないので、ファンは気づかないのよね・・。

話がアチコチに飛びますが、仕事で工場へ行くとき、車のキーをおばあちゃん(社長)が出してきて、ウンソンとファンに車で行くように言うんです。つまり、ファンから取り上げていた車のキーだけど、もう車に乗ってもいい、ということかな。

二人で仕事をしている途中、ケンカになり、ウンソンが車から降りているとき、車にひかれそうになるんです。あんなに見通しのいい状態で、車がよけずにまっすぐ走ってくるのはどうかと思ったけど。
その瞬間、ファンは父親の事故を思い出します。車にひかれそうになったファンを助けようとして、お父さん、事故にあったんですね。必死でウンソンを助けるファン。
助かったのだけど、ファンは過去のことを思いだし、かなり動揺が大きくて・・。ウンソンにも本気で怒鳴っていて、ウンソンもファンの気持ちがわかり切なくなります。ファンは怒ったまま、ウンソンに返事もしてくれないし。

ウンソン、ある日の仕事中に、お客としてお店に来ていた父親の友人に声をかけられます。そのおじさんと話をし、お父さんは保険金をかけていたので?と言われ、確認するんです。義母も知らないはず・・と思って。

その結果、保険をかけていただけでなく保険金をすでに受取済みと判明。しかも受け取った人の名前が義母だったんです。驚くウンソン・・。

予告では、どうしてそうなったのか、義母とスンミ、ファンの家に、ウンソンとの関係を告白するようです。また、ここでも、自分にいいように言うんでしょうね。義母はともかく、スンミはもともと優しい子なので、義母がウンソンやウヌを捨てたりしなければ、スンミも苦しまなくてすんだのに・・と思います。ファンとウンソンも知り合わなかっただろうし。

ウンソンとファンがいつ、お互いの気持ちをハッキリと自覚し、気持ちが通じあうのかな〜。楽しみです。
|     華麗なる遺産、このろくでなしの愛 | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 23:43 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック