ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< ベートーベン・ウイルス 第1〜4話 | main | ベートーベン・ウイルス 第6〜8話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
ベートーベン・ウイルス 第5話
★★★★★★★★★☆ 

感動して涙が出ました〜(^^) またこの次から苦難がいろいろありそうですが。
みんなで音楽をつくりあげるって、本当にいいですよね。
私は高校時代、ブラスバンド部にいてクラリネットをしていたのですが、練習は大変でも、コンクールや定期演奏会など、みんなと一緒に演奏することによる達成感?なんともいえない気持ちになれました。あんな気分、普段はなかなか味わうことができないです。


団員はそれぞれ事情を抱えている人が多く、だけど、みんな楽器をやりたい、オーケストラをやりたい、という気持ちは人一倍強くて・・。

最初は団員を軽く見ていた指揮者のカン・マエも、話が全然わからない人間ではなかったようで、それぞれの言い分、意外にちゃんと聞いていたみたい。
理由は、ライバルに負けたくない、ということだったんだろうけど、それでも団員の気持ちを多少は理解し、最後までやりとげてくれました。

ただ、問題は公演当日、参加できない団員が発生したこと。
みんなの中心的な存在であり、ソロを言われていた警察官のゴヌ@トランペット、チェロのおばさん、ルミの先輩@コントラバスです。それ以前に、しばらく前にやめた学生もいたんだけど・・。

チェロのおばさんは、夫、子どもに好き勝手なことを言われ自分の存在など忘れているのではないかと思えるほど。あの家族はちょっとひどい気がした。あまりに母親を無視しずぎ。
ずっとオーケストラをやりたかったのに、子どものため、介護のため、家族のためにずっと我慢してきたおばさん。指揮者のカン・マエにひどいことを言われ、一度はやめたのだけど、でもまたがんばることにして・・。夫から逃げ出し、勝手にやろうとしていたのですが、当日、夫に見つかり連れ戻されるんですね。

そして、ゴヌ、定職が終わり仕事が始まるから参加できないというんだけど、当日の朝、ぎりぎりまでカン・マエはゴヌに話をするんです。それでも来ないゴヌに、カン・マエ、他のソロを考えるのですが、そこで浮かんだのはチェロのおばさん。おばさんの気持ちを考えてのことだったようで・・。
他にも上手な人は多いのに、このおばさんを選んだことにびっくりした人は多かったようだけど、でも、見事やりとげてくれたんです!

そうそう、ルミ、よく頭痛になっていたんだけど、公演前にひどい痛みが起こり不安なまま会場へ。会場内でもずきんときて、ルミ、なんと耳が聞こえなくなったようで・・。カン・マエはルミの様子に握手をするふりをして確認、動揺しながらみんなの様子を見て演奏するルミに、私だけを見ろ!と(視線でしゃべる感じ)、ルミは不安な状態からカン・マエの指揮を信頼して安心して演奏ができたんですね。
耳は公演の後半には治っていたようで、なんだったんでしょう? ストレスでたまたま・・じゃないよね、これはきっと何かありますね。脳に関係あるのかな・・、とっても心配だわ。

そして、ゴヌ、ソロには間に合わなかったのだけど、でもやっぱりオーケストラを辞めることはできなくて、辞職覚悟で会場へ。後半の演奏から参加しました。

辞めた女子高生も、ルミの先輩も見に来ていて、チェロのおばさんのソロやみんなの演奏に感動していたわ。

最初は軽く見ていた市長達、チケットが売れないからと、中高生ならまだしも小学生を招待するという・・。途中、たいくつした小学生は騒ぎ始めるのですが、そこをカン・マエが上手におさめるんですね。
そして演奏はどんどんよくなってきていて、それは見るもの、聴くものに感動を与えたようです。終わったときには、みんな総立ちでした〜。

成功したことで気をよくした市長、公演前と全然違うんです。市議とかに言われたからだったかな、市の楽団をつくるという話をカン・マエにするのですが、カン・マエは断るんですよね。
だけど、あのライバル(名前なんだったかな)にいろいろ言われ、気持ちが変わったようです。

団員達は、もし楽団ができるとなれば自分たちは公務員になる、と早くも喜んでいたのですが・・。
打ち上げの食事会かな、そこにきたカン・マエは引き受けることにした、との話の後、団員はA級なんとかであらためて集めるみたいなことを言い、つまりはみんなとはこれで最後ってことらしく、呆然とする団員達でした〜。


ところで、ルミとゴヌが最初から親しくなってはいましたが、ルミってもしかしてカン・マエのことを好きになる?って思ったことがあり、やっぱり、これはそうなりそうですね。公演のあと、カン・マエが帰るという話をしていたとき、もう少しゆっくり帰ってはだめですか? と言い、自分がとどまる理由を言えと言われ、あなたのことが知りたいから・・と3回も言ったんですね。

そこにゴヌがきて、カン・マエ、ゴヌにそれを言うんだもの。おまえは親しいんじゃないのか、私を知りたいと3回も言った・・って。

ゴヌはルミを好きだと思うので、ゴヌ、ショックだったかも・・。


結局、今日は今の時点で、5話を見ただけです。けっこう忙しくて。寝るまでに、あと1話分くらい見れるかな。。。
|     ベートーベン・ウイルス、ピアノ | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 21:07 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック