ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 彼らが生きる世界 第1話 | main | 彼らが生きる世界 第2,3話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
BOSS 第11話(最終回)
★★★★★★★★☆☆ 

最終回となり、残念です。でもあのラスト、続きがありそうな終わり方でしたね。SPかな〜。
野立、やっぱり犯人の仲間ではなかったですね(^^)

前半はずっと野立が犯人!という感じで話が進んでいたのですが、あまりに決め込んでいる絵里子や、野立がいないからといって屋田参事官をチームに引き入れるかな、とか、これはやっぱり何かある、と感じさせる雰囲気ではあったのですが・・。

ただ、警視総監を野立が銃で心臓を撃ち、野立を絵里子が撃ち、倒れる野立。えっ?まさか違うよね?死んでないよね?とか、あのときはちょっぴり不安になってしまいました。

・・が、大丈夫でした! すべ〜って演技だったんですね。盗聴されている可能性があるから・・と、何から何まで、つまり前半の絵里子率いるチームの会話はほとんど演技だったわけで・・。本当の刑事にここまで演技ができるんだろうか・・と思ったけど。

野立が絵里子に撃たれて死んでしまった・・となった後、絵里子も姿を消し、屋田だけになったとき、屋田が本性をあらわしたんですね。野立を犯人に仕立てようとしているところを、絵里子は見ていて、もちろん野立も見ていて(聞いていて)、誰かはビデオを撮ってなかった? とにかくみ〜んなに見られてしまい、言い逃れなんて出来る状態ではありませんでした。このあたりから、一転してコメディ色が強くなり、ラストは楽しく終了。

ドラマもおもしろかったし、久々の軽いキャラの竹野内くん、とてもよかったです。
また明るい表情の多い竹野内くんをみたいですが、次は決まってるんですよね。秋から始まる予定の、唐沢寿明主演の「不毛地帯」に、”兵頭信一郎”役で出演します。渋い役名ですね、どんな感じの役なんでしょうね・・。
|   BOSS(09),Tomorrow(08) | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 23:41 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック