ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< ホントの恋の見つけ方 第6〜8話 | main | サムデイ 第15、16話(最終回) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
スウィートラブ・シューター 第3,4話
★★★★★★★★☆☆
 
小美が本当にかっこいい〜
イタkissの入江くん@ジョセフと花ざかりの佐野@ウーズンが見れなくなり、目の保養になるような楽しみがなくなると思う残念でしたが、このドラマのルオハー@小美で気分はup。小美ってホントの美形ですよね。天使のラブクーポンもよかったけど、このドラマはもっと好きです。
ルオハーのいる東上学院に転校したションシュエ。 同じクラスになります。そして席も隣・・お互いというより、ションシュエが一方的にルオハーにからんでいる感じです。

ルオハーのせいで東上学院が負けたと思っているションシュエはルオハーが許せず、最初は避難をしていた東上の学生がルオハーの言葉で黙ってしまうのも気に入らないようで・・。
一人、ルオハーに文句をぶつけるのですが・・。

いきなり目立ってしまったションシュエ、ルオハーには親衛隊もいるようで、ルオハーに対するションシュエの態度に腹を立てた女子学生がションシュエに意地悪をするのだけど・・。
そんなことで小さくなってしまうようなションシュエではないですから、やり返し、女子学生のほうが逃げてしまいました〜。

そのうち、ルオハーが藍地学院に負けた原因が、イー家の人間のせいであると知ったションシュエ、それだけでなく藍地のローマがルオハーに反則したことにより負けたと知り、怖いもの知らずのションシュエは、抗議のため藍地に乗り込むんですね〜。ションシュエを見ていると、あまりにも無謀で心配になりますね。ツーツォンはもちろんのこと、ルオハーも心配してかけつけます。
ローマは問題あるんだけど、藍地のメンバーの残り二人・・その一人のタンクはイー家を知っているのかな、タンクはまともな人間のようで、それが救いですね。みんな性格悪いメンバーだと、そんなとこに乗り込むションシュエ、どうなるやら・・。

まあションシュエにはツーツォンがいますからね、いつもションシュエの側にいて見守っています。何かあればすぐに助けてくれるツーツォン。そんなツーツォンなので、何かとションシュエとからんでくるルオハーが気に入らないようで、お互い最初から火花を散らしています。
二人はバスケ対決を・・。だけどルオハーはバスケの選手だから、いくら運動神経のよさそうなツーツォンだとしても、少し分が悪いですね。

これはなんで対決することになったんだったかしら。
ションシュエを連れて行こうとしたら、ツーツォンが反対の手をひっぱった時ですよね?
ションシュエは、転校したばかりで授業に追いついていけず(というか、ションシュエ、勉強してる?)、隣の席であるルオハーが補習をするように先生に指示されていたんです。抵抗するションシュエをルオハーが抱きかかえて連れて行くシーンがあり、なんだか羨ましいような・・。
ルオハーの監視のもと補習を受けるションシュエですが、仕返しされるんじゃないかとちょっと不安になるションシュエでした。ルオハーは会社を手伝うくらいだから、かなり頭がいいんでしょうね。

お互い憎まれ口をたたいたり喧嘩をしたりしながら、何かと接する時間の多い二人は、だんだん仲良く?なってきます。仲良くというのかな、会えば文句を言っているけど、お互い気にしているような感じです。ションシュエはルオハーのことが早くから気になっているように感じましたが、ルオハーもまた、ションシュエの飾らない性格に少しずつ惹かれはじめているようです。

そんなとき、父から呼び出されたルオハー、父の経営する嘉轡哀襦璽廚侶弍弔悪化していることを知ります。銀行からの融資を受けるためには条件があり、イー家のションシュエが権利を持っている地十三街の土地を手に入れるように言う頭取。ルオハーは、ションシュエを利用しようと考えるのですが・・・。


最近、遅れがちだった台湾ドラマ、週末に時間がとれたので、なんとか追いつきました。レビューはまだだけど、この前の金曜のホントの恋〜も見ましたよ。
|     スターな彼、スウィートラブ・シューター | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 22:54 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック