ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 大祚榮(テジョヨン) 第103〜106話 | main | 気になる新・韓国ドラマ(3,4月) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
オンエア 全21話
★★★★★★★★☆☆
 



最初はどうかな〜と思ったけど、後半、どんどんおもしろくなりました(^^)
<主演:キム・ハヌル、パク・ヨンハ、ソン・ユナ、イ・ボムス>

ヨンハくん、5年ぶりのドラマで、とても楽しみにしていました。
感想は簡単に・・。

オ・スンア(キム・ハヌル)は、契約切れをきっかけに、チャン・ギジュン(イ・ボムス)が経営するマネージメント会社と契約。それは女優になりたいと思っていた高校生の頃、チャン社長に助けてもらったから。
イ・ギョンミン(パク・ヨンハ)はPDとして仕事に追われていたが、あることから新ドラマの監督をすることになる。ソ・ヨンウン(ソン・ユナ)は、財閥と孤児、シンデレラストーリーなど、いかにも!という感じの内容で視聴率をとってきた人気作家。
そのストーリーが気に入らないギョンミンは、最初からソ作家と衝突ばかりしていたが、ソ作家の実際に起きている出来事を元に、ストーリーを提案。それは障害者と鬱病の出てくる難しい内容のドラマであり、局長などの反対もあったが、なんとか説得して、撮影することになった。

難しいテーマの脚本に、難しい性格のイ・ギョンミン監督、ソ作家、女優のオ・スンア。そして、一人まともそうに見えたチャン社長の4人を中心に、ドラマの撮影をすすめながら、それぞれの性格、考え方、関係に変化が起こってきます。

三角関係や四角関係ではなく、最初からオ・スンア&チャン社長、イ監督&ソ作家のそれぞれが、ドラマを通して信頼関係を持つようになってきます。
スンアは昔からチャン社長のことが気になっていたようで、過去にチャン社長がソ作家を好きだった時期があったり、多少は嫉妬したりするような部分もあったけど。

ドラマの前半は、オ・スンアとソ作家が煩くて、これはちょっと疲れるかも・・という感じでした。挫折しそうな感じではないのですが。ドラマの撮影が進むにつれ、少しずつ人間が変わってくるというか、よい面がでてきます。10話くらいからは、ずっとおもしろかったです。

ヨンハくんの演じる監督もなかなかよかったですし。それに、チャン社長、「外科医ポンダルヒ」のアン先生を思い出す感じで、とてもよかったです。
|     女の香り、オンエア | 22:18 | comments(2) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 22:18 | - | - | このページのトップへ
いっちゃん、とてもお久しぶりです。コメントありがとうございます。

パク・ヨンハのニュースは衝撃的でしたね。事情を聞けば聞くほど辛い気持ちになりました。

日本でもないわけではなくて、親の介護と仕事の両立で鬱病になった知人もいますし、介護に疲れて自殺・・というニュースは見たことがあります。

ですが、確かに韓国の親を思う気持ちの強さはとても大きく感じ、見習わないといけないですね。
| | 2010/07/04 9:14 PM |
ご無沙汰しています!

パク・ヨンハが自ら命を絶ちましたね。
ご両親が共に車椅子の生活とか?
特にガンの末期症状の父親に、気を使われていたとか??
その他、事業運営上のストレスとかがかなりあったんでしょうね。

しかし、自殺の原因に親の病状が加わっている事は、韓国の風土でしょうか・・・
日本では、親を殺すという事件は時々発生しますが、親の病状を心配するあまり・・・という話は聞いた事が有りません。
ある意味、見習わなくてはいけませんね。
| いっちゃん | 2010/07/03 8:11 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック