ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 花より男子(韓国版) 第1〜4話 | main | アンケート結果:2008年に嵌った韓国ドラマ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
花ざかりの君たちへ 第17話
★★★★★★★★★☆ 

花ざかり〜の後番組は、やはり「スウィート・ラブ・シューター(鬥牛,要不要)」で間違いないようですね(^^) 小美はクールな御曹司でバスケをやっているようですが、どんな感じなんでしょうね。
修学旅行が終わり、みんな気が抜けているようです。
部屋でお酒を飲んでいます。修学旅行で何が一番楽しかったかという話題になり、瑞稀は温泉と話していて、中津は瑞稀が温泉に入っことを知り、いつのまに?とショックを受けます。一緒に入りたかったんだもんね。

瑞稀は佐野と自分たちの部屋に戻り、お酒が入っているせいでふらふら。二人で寝ころんでおしゃべりしていて・・。佐野も楽しかったのは温泉と話したことから、瑞稀は佐野にあのときのことか確認。佐野もあのときしか温泉に入ってなかったようで。
佐野は温泉で瑞稀にキスしたかったと言います。冗談なんだか本気なんだかわからないけれど、同様する瑞稀。

梅田先生の部屋に行く瑞稀。修学旅行のおみやげを持って行った瑞稀に、自分も一緒に行ったのになんなんだ?と。置物?何かよくわからなかったけど、あまり嬉しくなさそうなおみやげだったし。
それよりも温泉のこと、修学旅行での佐野とのことに興味を持つ梅田先生。瑞稀は佐野がキスしたいと話したことを言います。でもそれはゲイということではないかと。
それに最近、佐野が自分に甘えるようになってきた、という瑞稀の言葉に、梅田先生は、佐野は知っているのではないか?と感じたようです。

修学旅行で佐野が瑞稀を女だと気づいていると感じたジュリアですが、それを試すために作戦を考えます。瑞稀は佐野の前で、暑いな〜と服を脱ごうとし、佐野の反応を見ようとしたようですが。
すっごく不自然なんですよね、一瞬、焦った佐野だけど、瑞稀の様子に何かたくらんでいるなと、すぐにピーンときた佐野。
暑いなら脱げよ、と、脱ぐ手伝いをしようとするんです。そんな佐野に焦る瑞稀。
それにしても瑞稀、たくさん重ね着していましたね〜。

その結果をジュリアに報告し、やっぱり佐野は知らなかったよ、という瑞稀ですが、ジュリアはそんなはずはない、瑞稀が失敗したんだと思ったようです。ジュリアは親友だから瑞稀のこと、よくわかっているだろうし。
これは直接佐野に確認するしかないと思ったジュリアは、佐野のところへ。

佐野はジュリアが気づいていると感じているので、できれば接したくなくて。
ジュリアへの返事に悩む佐野でしたが、そのときは中津がきて、あやふやに。

今度は梅田先生が佐野のところへ。梅田先生の言葉に、どういう意味で聞いているんだろう?と思うのですが、梅田先生がバカではないからわかっているのかもしれないと佐野は思ったようですね。
ハッキリと答えたわけではないけど、否定もせず、自分の気持ちを話していたけど。

佐野は本当のことがわかって今の関係を続けられなくなることが怖いようです。
ずっと瑞稀を側においておきたくて、そのためには自分が知っていることを言うべきではないと思うようで。

佐野はジュリアに会いに行き、話をします。
佐野が最初の頃から知っていたと聞き、驚くジュリア。両思いということで喜び、瑞稀に教えてあげたいと思うのですが、佐野は今の関係を壊したくないから黙っていて欲しいといいます。
ジュリアはそのまま黙っておく方がいいのか、瑞稀に教えたほうがいいのか悩んでいたのですが、梅田先生がジュリアに話をするんですね。ジュリアは佐野にも梅田先生にもばれていると知り、二人にばれている瑞稀を心配したようだけど、梅田先生との話から、黙っておくことにしました。

ジュリアは交換留学生として日本に来たんだったかな、アメリカに帰っていきました。親友が帰り、瑞稀は淋しそうだったけど。


次回は中津が辛い目にあう話ですね。いつも脳天気な中津だけど、これは本当にかわいそうなんですよね〜。それにあるカメラマンの出現で瑞稀もだんだんピンチになってきます。それは次々回?
|     花さかりの君たちへ〜花様少年少女 | 17:15 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 17:15 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック