ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 噂のチル姫 第17〜24話 | main | イタズラなKiss2 第33話(最終回) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
花ざかりの君たちへ 第16話
★★★★★★★★★☆ 

修学旅行です(^^) 佐野の行動にジュリアが・・。
修学旅行に温泉に行くということで瑞稀は浮かれていて、佐野にいろいろ聞きます。
テレビドラマにあるように「気持ちいい〜」って(日本語で)言うの?って。
そんな瑞稀に、皮膚炎で入れないんだろ?という佐野。瑞稀、そうだった・・と現実に気づくのだけど、佐野と一緒に入れなくて残念だなって。
だけど、佐野は瑞稀が女の子と知っているから、皮膚炎じゃなくても一緒に入れるはずはないわけで。瑞稀はちゃんと考えているんだか・・。

中津は、二人の部屋にきて、寝る準備をし始めます。修学旅行で瑞稀と一緒に寝る練習をしたいんだって!! 練習、いらないと思うけど、なんだかんだと理由をつけて一緒にいたいのかもしれませんね〜。

実は、ジュリアの学校も修学旅行で瑞稀たちと行き先が一緒なんです。それを知らない中津は、これで瑞稀との時間を誰にもじゃまされないと思っていたのだけど・・。
途中の休憩の場所で、ジュリアを見かけてショックを受けるのでした〜。

修学旅行の移動のバスの中では、佐野が考え込んでいる様子。瑞稀はそんな佐野が心配なのですが・・。バスの席でも隣なんですよね、これはどうやって決めたんだろ? 寮の部屋割りと一緒? 瑞稀、眠ったふりして佐野の肩にもたれていました〜(*^_^*)

ホテルについた後だったかな、途中だったかな、みんなでブラブラ歩いているとき、ジュリア達に会い・・。そのとき、瑞稀に人がぶつかりジュース?がかかります。中津は、ぬれた服を着ていたら風邪を引くと思い、上着を脱ぐようにいうのだけど、佐野がすかさず服を前から瑞稀にかけるんです。その様子をみたジュリアは、なんだかおかしいと気づき・・。そんなジュリアの視線に敏感になる佐野、あんな大きな目で見られて、ばれたかも・・。自分が瑞稀を女だと知っていることに。

このときの中津、ちょっとかわいそうでしたね。瑞稀のことを心配しての行動なのに、佐野に負けちゃって・・。

そして・・。
話の順番がかなり前後しているかもしれませんが・・。

ホテルの部屋では、中津にどこに寝るか聞かれて、瑞稀は佐野に聞くの。そして隣に行く瑞稀。こんな瑞稀の行動、誰も変に思わないんですね〜。
瑞稀が佐野を追ってきたのは知っているから(ファンとして)気にしないということなのかもしれないけど、瑞稀の言葉や行動、佐野の行動も、すごくわかりやすいと思うんだけど。

夜中に目が覚め、いまなら誰もいないはず・・と温泉に行く瑞稀。そこで梅田先生に会います。先生が女湯に行くもんだから(瑞稀を男湯に行かせるために、わざとだったかな)、瑞稀は仕方なく、誰もいないだろうと思って男湯に。中にゆっくりと入っていたら、お湯の中から佐野が〜。
二人ともびっくり! 瑞稀が入ってきたとき佐野はどこにいたんでしょう? 気づかなかったとすると、佐野はずっともぐっていたことになるんだけど・・(^^;)
さすがにこの状態には二人ともびっくりで緊張〜。佐野なんて、目が離せない・・なんて言っていたわ(*^_^*) 

そして・・。佐野が修学旅行に行きたくなかった理由、
旅行先が佐野の実家に近かったからですが。旅行中、弟の森のことでもいろいろあり、森のことで(自分が弟をおいて、父親から逃れたいがために家を出たから)、責任を感じている佐野ですが、瑞稀のおかげで少しは気持ちが楽になれたかな。

佐野が落ち込み、瑞稀になぐさめてほしいと言ったシーンもよかったです。
どうすればいいかわからない瑞稀に、裕次郎(犬)にするみたいにしてくれという佐野。
佐野の頭をなでる瑞稀・・言葉まで、裕次郎、と呼びかけなくてもよかったかも。

そんなこんなで、いろいろありましたが、修学旅行も無事、終了。
帰りのバスの中では、佐野が瑞稀の肩にもたれて眠っていましたね〜。
普段の学校生活でもそうだけど、旅行中は一段と佐野と瑞稀はカップルに見えましたが、どうでしょう?
|     花さかりの君たちへ〜花様少年少女 | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 09:54 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック