ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 流星の絆 第8,9話 | main | 花ざかりの君たちへ 第12〜14話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
ハートに命中! 100% 第1話
★★★★★★★★☆☆ 

始まりましたね〜(^^) 日本語字幕の名前(カタカナ名)に慣れません。シンイーと聞こえていたからシンディと言われても・・(^^;) そして、存希はジェイでしたか?
シンディは、会社でみんなに都合よく使われるポストイット(付箋紙)のような女の子。
次から次へと頼まれ、机の周りにはポストイットだらけ。毎日、残業です。
本人曰く、顔も頭も名前も平凡だとか・・。でも、あれだけ仕事を頼まれて、それがこなせるんだから、賢いってことではないかしら?

シンディは三姉妹の末っ子で、母親がシンディを妊娠したとき、もういらないと思ったらしく堕胎させる薬のようなものを飲んだらしい。薬局で値切ったために、薬の量が少なかったようで、シンディは無事、生まれたそうです。
母親からは3番目の子ということで、そんなに大事にされなかったけど(といっても、かわいくないとか、いじめられたとかではないです)、父親はとてもかわいがってくれたようで、でも父親は早くに亡くなってしまいました。

そして・・今、会社ではポストイット女として、忙しく過ごす毎日。
ある日、会社で人気だった?グッチという男性に声をかけられます。そして、つきあうようになったのかな、約束をしても、いつも残業でキャンセルしてしまうシンディ。
そんなシンディにグッチは腹を立てていて、つきあいも駄目になりそうな感じ。

せっかくできたと思った恋人との関係も駄目になってしまったと落ち込むシンディですが、ディナークルーズの広告(看板の女の子・・シンディなんだけど、彼女がこれが仲直りのチャンスとばかりにシンディに呼びかけます。実際には看板だから、シンディの想像?)を見て、これしかないと思ったのかな。

そのディナークルーズは1泊するプランで、つまりは彼と関係を持つ決心が必要なんですね。母親から結婚前の女の子は男性と夜をともにしてはいけないと言われていたシンディですが、彼の気持ちを取り戻すために決心します。
そして、船に乗ったシンディとグッチ。グッチ・・乗った早々、女性に目をつけていて、とっても嫌な感じなんですけど。

一方、ジェイですが、ある会社の社長をしています。アンナというバレリーナの恋人がいて、バレエを優先するアンナには何度もすっぽかされたらしい。
今度こそは!と、ディナークルーズに誘い、そこでプロポーズをする決心をしたジェイ。アンナも、今度こそはジェイの側にいようと決めたのですが・・・。
船の側まできたアンナに電話が入り、念願の白鳥の役に決まったとか。その直前にはジェイからの電話で、ジェイの元に行くと言ったばかりのアンナですが、迷いが生じてきたようで・・。
ジェイは、アンナに会ってないのにアンナが乗ったと信じているようです。実際には・・?

風邪気味のシンディ、風邪薬を飲んだせいで?頭がぼーっとするのかめまいがするみたいです。グッチが女性と一緒にいるのを見たにも関わらず、グッチに適当にごまかされ、食事をするためにカードがいると、シンディのカードを受け取るジェイ。
シンディは、ディナークルーズのお金(グレードアップして高かったらしい)を払い、お金は苦しかったのに、ジェイがカードと愛情を引き合いにだすもんだから、シンディ、渡しちゃいました。

そして、夜のディナーに備えて、部屋で休むことにしたシンディ。
それが、部屋番号の9がひっくりかえって6になってしまっていて、1006号室のシンディ、1009号室へ入ってしまいます。
その部屋は、ジェイの部屋なんですね〜。ジェイはアンナと過ごすために用意していたのですが。

ジェイですが、ある島のシャンプー工場を買い取り、そこの従業員を解雇しようとしていたようで、その島の住人2人がやってきました。取り消して欲しいと。応じないジェイに、従うかのようなフリをしてこっそり薬(睡眠薬かな)をお酒に混ぜて飲ませるんです。部屋にかえっていくジェイですが・・。

部屋間違い+それぞれ風邪薬と睡眠薬で頭がぼーっとしていることから、問題が起こるというわけですね。

早く次へ進んでバロン・チェンが見たいな〜。
|     ハートに命中! 100%、微笑PASTA | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 23:17 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック