【お知らせ】2017年2月、このブログを終了します。今後は、日々のできごとなどを書いている別ブログ「優しい時間(http://ameblo.jp/ksroom)でドラマの感想を書いていこうと思いますので、よろしければそちらをご覧くださいね(^^)
-----------------------------------------
韓国ドラマ、台湾ドラマの感想を書いています。感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性があるため、まったく参考にならないと思います。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆
<< 「ホントの恋の見つけ方」がBS-iで♪ | main | Love Contract〜愛情合約 全23話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
一枝梅(イルジメ) 全20話
★★★★★★★★★☆

ジュンギくんがかっこいいから、★10にしたい気分でした〜(*^_^*)
俳優に嵌ると、ドラマの内容の満足度+α(これがかなり大きい)になり、ファンじゃない人が見てもおもしろいのかどうか、よくわからないんですよね・・。
このドラマ、韓国では最終回で31%くらいと高視聴率だったそうですね。
後半、だんだん盛り上がってきた・・というか、どういう結果になるのか気になって気になって・・。

長髪のジュンギくんがとてもよく、イルジメ姿は本当にかっこよかったです。イルジメのときは、暗闇での行動がほとんどなので、よく見えないのが残念だったけど。

最初の数話・・もっとかな、誰が誰だかわからなくて(殿下の周りの人たち、貴族など、格好が似ているので)。ヨンの幼少時代に出ていた人たちが重要な意味を持っていたりするのだけど、どの人なのか顔だけではよくわからなくて、詳しい人物相関図があればな〜と思いました。

子役がすごくよかった!! かわいいし上手だし。ウンチェなんてとってもかわいいかった〜。ヨンの子ども時代も、賢くて顔もよくて、高貴な生まれって感じだったわ。
父親が謀反の罪をきせられ、ヨン(本当の名前はギョム)も殺されそうになるのを、なんとか逃れ、セドルとタニが育ててくれるます。
その時には記憶をなくしていて、ヨンはセドル達が本当の親だと思って大きくなりました。

育ての父親のセドルがいい味出してるんですよね。すごくヨンをかわいがっていて、その気持ちがとてもよくわかります。とても冷たくみえた育ての母親タニも、実はヨンのことを大事に思っていて、途中から、ちょっとしたことで愛情を感じ、それもよかったです。

セドルたちには、ヨンを引き取る前、タニとイ・ウォノ(謀反の罪をきせられたヨン・・ギョムの父親)の間に生まれたシフという子がいました。だけど、タニは事実を隠し(セドルは知っている)、無理やり関係を持たされた貴族を父親だと言い、息子を渡します。自分たちは身分が低いし貧しい生活しかできないから、息子にはよい暮らしをして立派になって欲しかったようですが。シフはそれを望んでなかったようで・・。庶子の子ということで、辛い思いをしていますし。

シフはイルジメを捕まえる側となり、ずっと適として話は進んでいくのだけど。途中、イルジメと自分の母親が育てているヨンが同一人物だともわかり。
父親が同じ実の兄弟なのに、シフがイルジメを殺すことになったら・・と不安になりながら。イルジメ・・ヨンは、人を殺したくないという思いがあったので(記憶が戻り、本当の父親の教えを思い出した)、ヨンがシフを殺すことはないと思ったけど。

ラストで、王宮に入り込んだとき、あることでシフが自分の父親もイ・ウォノだと知り、最後はイルジメの味方になり、兄弟で助け合い本当によかったです。

イルジメは殿下を追いつめ・・梅の木の側に連れて行き、謝罪させます。
だけど、イルジメ、斬らないのよね、殿下を。その後、殿下の側にいつもいたサチョンが来て追いつめたんだけど、やっぱり斬らないんですよね。
自分の剣を地面に刺し、背中を見せるイルジメに、その剣で斬りかかるサチョン。倒れるイルジメ・・。もしかして??
と思ったのですが、あの剣はイルジメの剣のはずで、あれはボンスンの育ての父親が刃をつぶしたもので、だから斬れないはずですよね?

イルジメがどうなったか不安になりましたが、あの剣なら大丈夫なはずのこと、そして、海辺で2足の履き物を届けてもらっていたボンスンの父、あの1足はヨンのものでは?
・・と思い、綱渡りをしていたのがヨンかどうかはわからないけど、ヨン・・イルジメは生きていた、と思うことにしました。

ウンチェとイルジメ・・どうなるのかな〜と思ったけど。どこかで、ヨンとイルジメが同一人物だとわかるときがくるのかと思ったら、わからないままでしたね。二人の関係は、ちょっぴり切なかったですね。

ボンスンのこと、ボンスンが話したからなんだけど、わかってよかった。ウンチェを心に思いながらも、ボンスンを心配するヨンもよかったです。ボンスンが最後にヨンのために、命をかけてまでも戦い胸がじーんときました。駄目かと思ったけど、助かってよかったです。でも足を悪くしたようですね。

内容もおもしろかったけど、とにかくジュンギくんから目が離せないドラマでした〜。苦手な人にはどう感じるのか分かりませんが、ジュンギくんがちょっとでも好きな人なら、絶対に嵌るはず〜(*^_^*)

【サイトあらすじ】
悲しい復讐心と、悪政を暴くために義賊となった“一枝梅”の生き様を描くドラマである。朝鮮時代。満開を迎えた梅が美しく散り始めたある晩、幼いギョムは父親が刺殺されるのを目撃する。幸福な生活が一転、謀反の罪を被せられ一家は破滅へと落とし込まれた。心に傷を負ったギョムは盗賊のセドルに引き取られ、ヨン(イ・ジュンギ)と名付けられ成長するが、学業をさぼりチンピラと化していた。

ある日、ヨンは殺害された父親と生き別れた母と妹の記憶を取り戻す。悲しみと無念の中、ヨンは家族を破滅に追い込んだ人物を捜し出し、仇を討つことを心に誓う。記憶の中にある、父を刺した剣の文様だけを手がかりに、悪政を働く両班(貴族)の家に忍びこみ盗みを始め怪盗ルパンや怪傑ゾロのように神出鬼没の活躍を展開する。そして現場に一本の梅の枝を残すことから“イルジメ(一枝梅)”と呼ばれ、権力者を懲らしめる活躍が英雄のごとく庶民に広まっていくのだが・・
|     イルジメ(一枝梅) | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック