ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 花ざかりの君たちへ 第10、11話 | main | 18・29 第11〜13話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
流星の絆 第6〜7話
★★★★★★★★☆☆ 

実はけっこう楽しみだったりします。これまでよりサスペンスらしくなってきたかも。
戸神行成(要潤)が、お店のカウンターで功一に、静奈(戸田恵梨香)の話をするシーン、時々ありますが、おもしろいです。シリアスな中にホッと一息つくような感じかな。

小説と違い、ところどころに笑えるシーンがあるんだけど、それがシリアスな部分を壊すことなく、けっこううまくできていると思います。好みもあるでしょうが。

二宮くんの最後の「いいわけねぇだろ」、インパクトありましたね〜。

小説で結末を知っているから、何か書いたらネタバレになりそうなので、この辺でやめておきます。
|   流星ワゴン、流星の絆(2008) | 00:35 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 00:35 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック