ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< コ・スくんファンミでは・・ | main | 大祚榮(テジョヨン) 第18〜24話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
イタズラなKiss2 第23〜24話
★★★★★★★★★☆ 

琴子、また悲しくなっちゃいましたね・・ポロリ
琴子と買い物に出かける友人の理美、かなりお腹が大きくて琴子は心配するんだけど、今日しかないという理美につきあいます。
理美の運転で買い物に行く途中、理美は急に産気づいてしまいます。タクシーに乗り換えようという琴子に、もし拾えなかったら困るから、もう少しだから病院まで運転するという理美。
だけど、破水してしまい、このままではダメだと思った琴子は、理美と運転を代わるんです。すごい無謀ですよね、琴子、免許、持ってないよね??
ここはやはり、タクシーを拾うか、見知らぬ人でも少しの距離なんだから誰かに運転を頼むか、別の方法をとるべきだったとは思いますが。

琴子の運転はかなり怖く、それでもどうにか無事病院にたどり着きました。
病院につっこみそうな琴子に、その場に居合わせた直樹はブレーキを踏むように叫びます。その付近にいた、秋子は驚き、思わず立ち上がってしまいます。

誰にもぶつからず、急停車した琴子たち。秋子の乗っていた車椅子を借りて院内へ。秋子は歩けるようになっていることに気づき、啓太と一緒に喜ぶのでした。

直樹は琴子に危ないことをしたことで怒ります。ですが、心配だったからこその怒りで、すぐに琴子を抱き寄せ、よくがんばった、という感じでしたが。

良くん、良くん母も駆けつけ、みんなで祈ります。そして、無事、出産しました〜。
すごく嬉しくて赤ちゃんはかわいくて、琴子も嬉しそう〜。

子供が産まれてから、良くん母は人が変わったかのように理美に優しく接するようになるんです。それを見た琴子も一安心。よかったですね(^^)

ところで、理美は逆子だったのですが、無事、自然分娩でOKでした。
直樹は医師から逆子が治っていた、何か刺激があったのでは?という言葉に、琴子はすごいかも!と思うのでした。あの運転だもんね、赤ちゃんもびっくりしたんだよね。秋子の足も治ったわけだし、琴子は本当にすごいかも!?

足が回復した秋子は退院が決まるのですが、啓太にもう会えないと思うと悲しくなり泣いてしまいます。そんな秋子に、啓太はいつでも電話すれば会えるよ、だったかな、そんな言葉をかけ、なんだか良い雰囲気でした。

そして、話は変わり、学園祭になります。
学園祭では人気コンテストが行われ、女性、男性のトップが公開キスをすることになっているんです。直樹が1位は決まっているようなもので、琴子はなんとか自分が1位になろうと、アチコチでお願いして回ります。

そして、人気コンテストでは・・。直樹が1位なのは予定通りでしたが、女性1位はクリスでした〜。ショックを受ける琴子、クリスも琴子の目の前で直樹とはキスできないと言います。それなのに直樹は「かまわない」と言うんですね〜。
これはワザとでした。ハッキリ言葉にしない金ちゃんに対するものだったんですね、自分がキスしようとすれば金ちゃんが黙ってないだろうと・・金ちゃんが止めなくても琴子が止めるだろうと思っていたみたい。

琴子も「ダメ〜」と走っていくのですが、それよりも金ちゃんが早くて、クリスをうばいとります。そんな金ちゃんの気持ちが嬉しかったクリスは、自分から金ちゃんにキス。金ちゃんとクリス、気持ちがハッキリしてよかったですね。

琴子は直樹と帰りながら、みんなの前でキスしたかった・・と言います。琴子、そうだったんだ〜、誰かと直樹がキスするのが嫌だから・・だけでなく、みんなの前でしたかったのね。その気持ちは私にはわからないな〜。直樹を自分のもの、とハッキリわかるように宣言したかったのかしら。
でも、帰り道、直樹は琴子にキス、この場面でのほうが絶対によかったですよね。

またまた日付は過ぎたようで、直樹の卒業式が近づいています。
そこでまたもや直樹の爆弾発言が! 直樹って、重要なことでも家族や琴子に相談しないんですよね〜。だからいつも驚かされ、ショックを受け・・と、みんなを悲しませてしまうのだけど、でも、これは性格ってことで、変わらないようで。

兵役の代わりに、離島の病院で勤務することを希望していたそうです。
馬租(祖?)・・マーズーだそうで、それはかなり遠いらしい。父は、気持ちはわかる、でもなんで家族に相談しないんだ?と怒ります。
それ以上に、琴子のショックは大きくて、そこはどこ?1年以上も会えないの?とパニック状態。琴子は直樹が大好きだから、遠いだけでも耐えられないのに、1年以上と聞いて、絶対に無理!って思うんです。

直樹は卒業してからくればいいというけど、琴子は留年するかもしれないし、そしたらいつまでも会えないし、だから、休学してついていく、というのだけど・・。直樹はそんなことは望んでいなくて・・。
琴子は直樹に、自分の方が何倍も入江くんのことが好きだからすごく辛くて耐えられない、ということを直樹に話すのですが・・。

すっかり落ち込んでしまった琴子、食事も喉を通らないようで、将来の子ども部屋にこもっています。心配する家族のみんな、直樹も心配しているようです。

直樹は琴子父に相談します。こういうことになることは予想していた、いつも直樹中心に考える琴子にとって、この機会は琴子が自立できる良い機会だと思った、でも、今の琴子を見ていると、琴子を赴任先に呼ぶようになるかもしれないと。だけど、連れて行っても、自分は琴子を構えないから心配だと言うんですね。

その話を、実は偶然にも琴子が聞いていたんです。
琴子は直樹の気持ちを知り、離れて暮らす決心をしたんでしょうね。直樹の卒業式の日、琴子はあらわれません。直樹はなかなか席を立たず、立ち上がっても帰ろうとしません。辺りを見回しているから、自分を避けていたけど、でも琴子が来てくれるのでは?と思って探していたんでしょう。

琴子、来ていたんだよね、なかなか直樹の側に行かなかったけど。でも直樹と会い、卒業式にこうして会いに来たということは直樹の今後のことを受け入れるということでもあり、とりあえずは問題解決?という感じでした。

そして、いきなり家族で直樹を見送るシーンです。船です。
母や父が直樹に声をかけていて、琴子は離れたところでじっと黙っています。
そんな琴子に直樹から、何か言うことはないのか?と声をかけるのですが、琴子は、言いたいことがありすぎて言えないようで・・。でも最後に直樹と言葉をかわし、悲しいけど、直樹を見送ったのでした〜。

次回は、直樹が島にいってからの生活、その後の琴子ですね。寂しい日が続くことになるから、琴子、大丈夫かな〜、大丈夫じゃなさそうだけど・・(^^;)
|     イタズラなKiss2〜悪作劇2吻 | 06:48 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 06:48 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック