ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 快刀 洪吉童(ホン・ギルドン) 全24話 | main | コ・スくんドラマ おさらい中 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
上海タイフーン 全6話
★★★★★★★☆☆☆ 

最初はどうかな・・と思っていたけど、だんだんおもしろくなり、最終回はジーンとくる場面がたくだんありました(^^)
1年前に木村多恵の妊娠で延期になったこのドラマ、とても楽しみにしていました。
久々のピーター・ホーですからね〜。

録画予約をしていたのですが、途中で確認しなかったので3話は野球のため録画できず・・。録画失敗が後半でなくてよかったです。

最初、木村多恵の演じる美鈴は自意識過剰っぽいし、考えが甘いし、どうなのかな〜と。ピーター・ホー演じる男性も性格悪そうだし。

ですが、いろいろあって二人ともずいぶん変わりました。
最初は単純で自分勝手な面のもあり、考えも甘く・・そんな女性にしか見えなかった美鈴ですが、困難に負けず、前向きに頑張る姿は好感が持てました。

ピーター・ホーですが、少し顔がふっくらしたでしょうか?
台湾ドラマで見ていた彼に比べ、なんとなく違和感(ぎこちなさ?役柄のせいもあるでしょうが)がありました。「1メートルの光」のチェンウーがとてもかっこよかったので、少し影が薄いかったかな、まあ仕方ないですね、美鈴を中心にしていますし。

美鈴とお父さんの関係も、美鈴と上海で出会った日本人女性、上海の人たちとの関わりも、とてもよかったです。
最終回では、いろんなことで(いい意味で)涙が出る場面があり、とてもよい終わり方だったと思います。

この次に始まったドラマですが、大好きだったジャッジの続編です!
とても楽しみです(^^)
|   上海タイフーン(2008) | 15:13 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 15:13 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック